看護師辞めたい
Nurse

2交代制の場合の看護師の夜勤の後半のタイムスケジュールと仕事内容を順に説明

Q

2交代制の看護師の夜勤では休憩時間の後は再び忙しい時間がやってくる

A
朝6時近くになると病棟は途端に忙しくなります。多くの患者が起きてくるとナースコールも自然に増えてくるからです。朝の検温に回りつつ、採血や検尿などの検査をして回ります。 また手術など控えている患者の剃毛やシャワーを行うことも大切な業務です。朝の食事の配膳は7時半ごろですが、それまでに洗面できない患者にはモーニングケアのタオルを配り、おむつ交換やトイレ誘導など、又忙しい時間が始まります。そして隙間時間を使って、検温の記録などをしていきます。 食事を配膳し、食事介助が終わるころになると医師が回診にきます。回診車を準備し、患者の報告をしながら患者の状態を見て回ります。この時に前もって準備していた医師に確認すること、たとえば患者の安静度や内服に関することなどを聞いていきます。 最近ではオーダリングシステムがほとんどなので、医師が直接パソコンでオーダーすることが多いですね。ですからきちんとオーダーされているかを確認して、申し送りをはじめます。 患者の状況や指示を申し送ってから、今度は看護部に日報を持って報告に行きます。患者の総数、状態、夜間の入院などあれば報告をしておきます。病棟に戻った後は、やり残した記録を勤務時間に行います。 申し送りが終わると一気に気が抜けて頭がボーっとすることもありますが、ここで気を抜くと記録にミスができるので、まだまだ気が抜けません。勤務終了までラストスパートです。
Q

2交代制の夜勤では「やっと休憩時間」という言葉がふさわしい

A
2交代制では勤務の間に2時間の仮眠が設けられていました。前半は1時から3時まで。 後半の休憩は3時から5時まで。体力的に一番きつい時間帯なので、本当は前半の休憩を取りたいところですが、それは夜勤の相手によります。相手が先輩看護師であれば先に休憩を取ってもらいます。 この時は相手のチームも自分が休憩時間何かあれば対処をしなくてはいけないために、大切なこと、重要患者のことは申し送りを受けます。 休憩の入っていない間に次の日の投薬の準備をします。残薬が少なければ、朝医師に処方依頼をしなくてはいけないし、残薬と使用の終了日までの数があっているかを確認するなど、結構時間もかかります。 特に疾病の多い患者や、術後で管理が複雑な場合の投薬準備には神経を使います。それを一通り終えると今度は交代して休憩時間に入ります。