看護師辞めたい
Nurse

3交代制の場合の準夜勤の看護師のタイムスケジュールと仕事内容を順に説明

Q

準夜勤の看護師の18時以降21時以降の仕事内容と流れ

A
18時に夕食が来ると、今度は食事介助に回ります。この時、食事がすんだら、食後の投薬に回り、イブニングケアといって、自分で洗面できない人に対して口腔ケアをしたり、タオルで顔を拭いたり、寝る前の準備をします。そして20時ごろには、一度すべての患者の検温を行います。 ここで問題になる患者はいないか、発熱者はいないかなどチェックし、もしも何か報告が必要な患者がいれば、医師に報告をしておきます。 21時以降は病院も就寝になり、医師も次の日に備えて休息を取っている場合が多いので、報告をしても迷惑とならない時間が21時前なのです。一通り終了すると21時の就寝に向けて眠前薬を配布、トイレ誘導、おむつ交換などをして就寝の準備をします。 21時消灯後に、看護師は看護記録をはじめます。それまでは病棟内を動き回って忙しいので、ゆっくり看護記録をつける暇はありません。 そして、記録が終わると23時ごろにまた病棟内のラウンドに回ります。準夜帯の消灯時間が過ぎても結構起きている患者はいるので、ナースコールもまだ多いです。眠れない患者の話し相手になることもあります。 そして深夜看護師が出勤してきて申し送りをすると1時前後に勤務終了になります。
Q

看護師の準夜勤では就寝時間までは休憩する暇もないほど忙しい

A
準夜勤務では、16時ごろ出勤をします。その後準夜でやるべき準備をして16時半ごろから申し送りを始まります。この間ナースコールはなりますが、申し送り中は中断しなくてもほかの人がカバーすると暗黙の了解になっています。 そして17時頃申し送りが終了すると、一度ラウンドに行きます。この時に重要、注意する患者を重点的に確認しておきます。 このラウンドの後は、18時には食事が来てしまうので、その前に食前薬を配っておきます。18時ごろまで日勤者がいることが多いですが、申し送り以降は日勤者はナースコールには出ない、準夜勤務者がすべて対応すると決まっているので、その対応で忙しいです。 特に夕食前にトイレに行きたいので介助をお願いするというようなナースコールも多いです。