看護師辞めたい
Nurse

3交代制の場合の深夜勤の看護師のタイムスケジュールと仕事内容を順に説明

Q

深夜勤の看護師は3時のラウンド後は少しゆっくりできる

A
ラウンドが終了し、記録が終了すると、今度は休憩に入ります。深夜勤務の場合は、みんなが一緒に休憩に入ることが多いですね。 約1時間程度休憩を取って、その後は朝の検温の準備をしたり、医師が朝来てカルテを見たり、診察をしたりするので、その準備をしておきます。また日勤や準夜で看護記録の記録漏れがないかどうか、検温の記録漏れがないかどうかを確認してカルテ整理を行います。 カルテ内の検査データを張ったり、不足しているカルテの余白ページを補充したりするのもこの時間です。夜勤の細々としたこの業務がいかに仕事をやりやすくするかを決める大切な要素なのです。 もしも、これが新人の看護師やあまり気の利かない看護師であると、カルテ整理などの見落とし、気が付かない部分が増え、あとに仕事をする人がフォローしなければならないこともあるので、大切な業務の一つです。 そして、6時前ころから朝の検温に回り始めます。この時に、採血や検尿がある人は施行しておきます。手術が朝一番からある人の準備も同時進行で、剃毛、シャワー、ルート確保など準備をします。検温が終わると記録をつけますが、朝はとても忙しいので、すべてをつけることは困難でしょう。 忙しければ、記録は勤務後に回すこともあります。検温が終わることには、今度は配膳の時間になるので、食事介助をします。このころには、早出の看護助手も出勤するので、みんなで手分けして配膳、食事介助をします。 そして下膳するころに、医師がやってきて回診に回るので、処置の介助をします。そして8時過ぎから申し送り。事務的なことを含め夜勤の状況を簡潔に申し送ります。そして記録をすべて終了し、9時半ころには、勤務が終了します。
Q

深夜勤の看護師の3時までの仕事内容とその流れ

A
夜勤前日にあたる23時45分ごろ出勤。情報収集をして0時過ぎから申し送り、そして0時半ごろには申し送りが終了します。 そして1時ごろから病棟内をラウンドします。この時に申し送りで発熱者や、急変者、重病者や術後などの患者がいれば重点的に観察をします。もし何かあれば、まだ準夜勤務者が残っている時間なので、確認することはしておきます。 ラウンドが終われば、看護記録をします。そして翌日の検査の準備や手術の準備、投薬の準備に取り掛かります。また途中でナースコールがあった場合には、それに対処します。 それを終了すると、今度は3時頃にラウンドに行きます。ラウンドでは必要があれば、検温もしますが、基本的に患者も寝ている段階なので、病室を回り、患者がいるかどうか、変化はないかを確認して回ります。 また寝たきりの患者がいる場合には、ラウンドの時におむつ交換をし、体位交換をします。