看護師辞めたい
Nurse

看護師が夜勤をしていた頃には気づかなかった日勤のみで働くと感じる3つの幸せ

Q

夜勤がないと主婦は子供との時間を有効に使える

A
夜勤をしながら勤務をしていると子供といる生活の時間が中々取れず、すれ違いの生活が多くなるのが現状の人は多いのではないでしょうか。 ですが、日勤のみの勤務だと子供が帰宅する時間に帰れなくても、夜は毎日子供と夕飯が食べる事ができるので、子供がその日に学校や自宅での生活を聞くことはできます。 また、子供の毎日の様子を見ることができるので夜勤をしているよりは子育てに余裕を持った生活を送ることが出来ます。 夜勤業務をがあると、子育てや家事がある主婦の場合は旦那さんや他の人の家仕事の協力が必要不可欠です。 ですが、日勤業務だけの場合はその病院にもよりますが、最初から土日休みが取れるところもありますし、家事や育児などの家仕事との両立がとてもしやすいのがメリットです。 勤務場所にもよりますが、子供の風邪などで突然の休みにも日勤勤務の場合は対応してもらえやすいので子育て中の人は日勤のみの勤務の方が働きやすいでしょう。 夜勤業務が多いとどうしても日中の患者の状態が分からず、ほとんどの時間が就寝時間なので患者の把握が難しく患者さんとの信頼関係を築きずらいのがデメリットとしてあります。 ですが、日勤業務だけだと患者の日中の状態や動きを把握しやすく、患者さんとコミュニケーションが取りやすいので、患者さんとの信頼関係を築きやすいのが日勤業務が多いメリットです。
Q

夜勤がないと生活リズムが安定し体調面でも楽に仕事ができる

A
日勤をしながら時々夜勤業務をしていると生活リズムが崩れるので、体調が優れなくなったり、夜勤がない時でも夜に不眠気味になる看護師は多くいます。 また、生活リズムが崩れた状態を長年続けることで女性ホルモンのバランスが崩れて婦人科の病気にかかる人も少なくはありません。 ですが、日勤だけの業務だと生活リズムが崩れることはないので、夜勤業務をするよりは体調面でも体力的にも楽に仕事ができます。 また、あえて仮眠の時間を考えなくていいので、自分の時間を作りやすくなります。