看護師辞めたい
Nurse

看護師の夜勤バイトの求人に応募する前に看護師派遣会社に確認すべき2つのこと

Q

看護師の夜勤バイトをするなら一人でも夜勤の人数が多いところ

A
夜勤の体制としては、看護師1人または2人、介護士さん1人、または2人、という2人体制か3人体制のところが多いです。もちろん多くのスタッフを配置しているということはその分仕事量が多いということはあるのですが、バイトだけで入っていると日勤の事が分からず、しかも看護師が自分だけだと日勤でここ最近変った事で申し送りが充分に出来ていない事もありました。 しかし、看護師は自分ひとり…という困った事も多々あったので、出来る事なら常勤で入っている看護師さんがもう1人居るようなところがよいです。忙しいことは忙しいのですが、安心感が違います。困った事があっても常勤の看護師さんに尋ねれば良いし、急変があった時も自分ひとりで対応するよりは2人の方が断然良いです。ベテランさんなら1人でも良いかもですが、私はまだ不安な事があるので看護師2人居る勤務先を選びます。 色んな病院や施設に行きましたが、患者様の自立度によって、看護側の負担は大きく違いました。ほとんど寝たきりの慢性期病棟ですと、夕食→配薬→注入食の片付け、おむつ交換、痰の吸引、記録をして翌日の準備、そうこうしてる間に体位交換の時間…と、結構負担が大きかったです。 おむつ交換や体位交換も時間がかかるので、中腰の時間が長くいつも腰が痛かったです。少し聞きにくいですが、面接時に患者様がどれだけ動けるのかとか、自分自身のことをどのくらい出来るのかとか、聞いておくと負担の少ない勤務先が見つかりやすいと思います。 場所によっては一部の患者様の食事介助、配薬も患者様が並んで飲みに来てくれるし、夕食が終われば数人のおむつ交換、その後はちょっと記録して1時間毎の巡視だけ…というところもありました。 今でもあの勤務先は良かったなぁ…と思い出すことがあります。楽、というところだけを求めてはいけないと思いますが、同じ時間働いて、お給料頂くのなら個人的には負担の少ない所の方が魅力的です。
Q

夜勤バイトの求人応募の前に職場での業務内容、夜勤の体制を確認

A
看護師それぞれ得意な分野があるはずです。もちろんなんでもこなせる人もいるでしょう。救急患者がどんどんきたり、夜間でも手術が行われるような救急病院。または急性期病院。そういった病院しか経験のない看護師であれば介護系の夜勤はかなり戸惑うことになるでしょう。 また、介護がメインとなる療養型の経験しかない人もいると思いますが、そういった人は夜勤単発で急性期などの病院を選ぶことはやめた方が良いでしょう。どんな病院・病棟で働くことになるのかをしっかり把握しておくことが、長く続けていくことでは大切でしょう。 また、やはり夜勤のスタッフの人数というのは業務をしていくうえで最も重要視される点ではないでしょうか。どんなに忙しい病棟であっても、スタッフの人数が充分に確保されているのであれば働きやすい環境と言えるでしょう。 スタッフ数が多いと思えても、運が悪ければ看護師が派遣看護師1人で残りが介護スタッフだったりということもあり得るそうです。単発や月に数回などの夜勤のバイトとなると、患者さんの詳細まで把握することは困難です。 患者さんがベッドから身を乗り出して転落してしまったりなど、認知症の状態などでは大きな事故につながりかねません。 できるだけ看護師スタッフが複数いるかどうかを把握しておくと良いでしょう。高い日給は魅力的ですが、自分の身もしっかり守らなければなりません。 ですので、看護師派遣会社の担当者に、その求人の詳細についてできるだけ教えて欲しいと頼み、夜勤の体制や業務内容を聞き出すことが求人選びで失敗しないために重要となります。