看護師辞めたい
Nurse

重症度や介護度の高い患者が少ないため有床クリニックの看護師の夜勤バイトは緊急時の対応が大変なことも

Q

有床クリニックの夜勤バイト患者数が少なめ

A
有床クリニックの入院患者数の定員は20人です。ですが、整形などで骨折した患者が多い時以外はほとんど病室が満床に、なる事はありません。大抵は14,5人くらいが入院患者の平均の人数です。しかもそのほとんどが重症度の低い患者さんばかりなので、業務内容も毎回さほど変わりなく、難しい処置などもほとんどないのが良い所です。 有床クリニックは前述でも説明したようにほとんどのところが患者さんの人数も少なく重症度や介護度の高いような患者さんはいません。 ですので、夜勤一回につき看護師一人体制の職場がほとんどです。また、夜勤中は医師の常駐もありませんので、患者が夜勤中に急変した場合や緊急の事態が起きた場合でも医師や看護師長さんへの連絡や患者さんの観察処置は他のスタッフが来るまでは看護師一人で行わないとならないのがとても大変です。 そういうことはめったにはありませんが、骨折で元気な患者さんが急に他の病気にかかり倒れたり状態が急変する事もあります。その時に自分に重要な責任が降りかかる可能性がある事は考えて夜勤をする必要はあります。
Q

有床クリニックの夜勤バイトは一回あたり2.3万以上のところも

A
有床クリニックの夜勤バイトのほとんどの仕事内容はそんなに難しくないような事が書かれている事が多いのではないでしょうか。 ですが、その有床クリニックの夜勤バイトでも良いこともあれば、悪いこともあります。では、有床クリニックのメリットとデメリットは何でしょうか。今回はそれについて説明します。 看護師の夜勤バイトも色々な職場や病院があります。ですが、その中でも有床クリニックが夜勤バイトの中では一番と言っていいほど一回の夜勤手当が高い所が多いです。その中でも一番高い所では一回の夜勤で2万3千円以上ももらえるところもあります。一回で二万円もらえると月に10回夜勤に入るだけで二十万以上もらえる計算になります。