看護師辞めたい
Nurse

認知症の患者さんにもう限界。仕方ないけど忙しい時はイライラがとまらない

Q

薬がバラバラで管理と整理が大変でイライラ

A
認知症の患者さんの内服管理はかなりひどく、薬がめちゃくちゃ。 入院してきたら、薬を預かり、整理するのですが、大量に残っている薬もあれば、明日にもなくなりそうな薬があったり、種類も10種類以上あり、こっちも訳が分からくなりイライラしてきます。 もちろん、そんな状態で薬を自己管理させるわけにもいかないので、配薬管理もしなくてはいけなく、薬をセットするのも大変。 仕事が忙しい時に重なると、もう投げ出したくなるくらいイラっとするときもあります。 苦労して、正しく整理して持って行っても、「こんなに薬は多くなかった」とか、「あれがない、これがない」といった間違った内服をしようとする。 結局、怒り出すので、説明も必要だし、でも説明しても全く理解できていないし、「もうなんとかならないのか、そんなんだったら薬飲まなくていいじゃん」と逆ギレしたくなってきます。 認知症の患者さんだから、肯定的に対応しなければいけない、傾聴しなきゃいけない、って教科書通りの対応をしようとは頭で思うのですが、どうしても忙しかったり、慌てていたりすると、冷静になれない。こんなんじゃいけないだろうなとは思いつつも、やっぱりイライラしちゃいます。
Q

病歴を聴取したくても適当な回答が得られず家族もいない

A
現在、働いている病院は一般科の病棟で、認知症の患者さんはほとんどいないのですが、たまに入院してくる人で、少し認知症があるような方はいます。 通常、入院を取るときには、病歴や家族構成、内服状況、アレルギーなどの情報を患者さんから聞くのですが、認知症がある方のときは本当に大変。 こちらが聞きたい情報とは全く別のことを話し出すし、だんだん、相手もイライラしてくるのか、落ち着きがなくなり、徘徊しようとしてしまう。 こっちは、他にも仕事があって、早く情報とって次の仕事をしたいのに、「これじゃいつ終わるかわからない」とかなりイライラ。 認知症の患者さんだとこういったケースになることも考えられるので、通常、家族から話を聞いても良いのですが、その方の場合は、家族もおらず、同居の友人のみ。友人からの情報収集はしてはいけないという決まりもあり、八方塞がり状態で、どうしたらいいのかわからなくなり、本当に大変で、このときは超イライラしました。