看護師辞めたい
Nurse

忙しすぎ、シフト制で人間関係を修復する暇がないから看護師はどんどん仲が悪くなる

Q

時間がない中でどうやって人間関係を修復していく?

A
看護師という仕事上、仕事中の会話だけでは十分にコミュニケーションを取れませんし、その人を理解することなど到底不可能です。 私だって、普段はのほほんとしていて物忘れも多く、家族に「さっき話したばかりでしょ。」と言われるくらいですが、さすがに職場ではそんなことはしていられませんので、しっかり気を張って働いています。 おかげで部署内では「仕事の早い人」で通っているようです。仕事中の性格はその人の全てではなく、むしろ一部にもならないくらい作られた性格であることを知る必要がまずあります。 部署によってさまざまですが、忘年会などで宿泊を計画して親交を深めたり、定期的に飲み会を開いたり、病棟内でお食事会を計画したり、いろいろ活動しているところもあるようです。そういう病院外で会う機会作りには力を入れてみてもいいのかもしれませんね。
Q

なぜ看護師はこんなにストレスがたまる仕事なのか

A
看護師のストレスの大半は人間関係であると良く言われています。でも、女性だけの職場は他にもたくさんあるのに、なぜ看護師だけがこんなにも人間関係をストレスに感じてしまうのでしょうか。 これさえ改善できればきっと辞める看護師もかなり減ると思うのですが、なかなかそうはいかず、むしろ精神的に不安定になり退職せざるを得なくなる人も多いです。 ストレスの原因で、人間関係以外には生命に関わる仕事をしているためのストレス、忙しさ、失敗やミスの許されない緊張感、患者さんの思いを背負わされる苦しさなど、たくさんあります。 人間関係の悩みはどこの職業でも起こりうるものであることは確かです。ですが、看護師に限っては、他のストレスも同時に襲いかかってくるため、すぐにストレスを抱えきれなくなることや、忙しすぎたりシフト制だったりして人間関係を修復する暇がなく、そのままどんどん悪化してしまうことが原因であると思われます。