かかりつけ薬局としてのドラッグストア。地域医療の最前線となるドラッグストアの役割とは

かかりつけ薬局としてのドラッグストア


現在は一病院で完結する医療ではなく、地域医療連携の時代。退院患者は病院から自宅や施設に戻されてそこへ医師、薬剤師、看護師、医学療法士、ヘルパーがチームを組んで地域医療を完結する時代に移りつつあります。この地域医療連携のコアとして位置づけられるのがかかりつけ薬局です。OTC医薬品は他業態の参入によりドラッグストアの売上が奪われ、価格競争の結果利益率が落ちてきています。ドラッグストアがかかりつけ薬局の機能をもつことにより、ドラッグストアへの信頼感が高まり顧客からの信頼も得られます。

かかりつけ薬局と認知されることで、患者と薬剤師とのコミュニケーションが増え、服薬指導や体質、生活習慣に合わせたアドバイスを受けられるような身近な存在として患者の間に根付いていくでしょう。

特にドラッグストアは改正薬事法により、経営戦略の修正が必要になってきます。その1つが調剤併設型のドラッグストアです。アメリカではドラッグストアに調剤機能があるのは当たり前ですが、日本では最近になってヘルスケアソリューションとしての本来の姿に変わりつつあります。

「かかりつけ薬局」としての役割を追いかけると、調剤機能やOTC薬・ヘルスケア商材販売だけではその役割を果たせなくなります。店まで来られない患者が多くなるからです。薬剤師は在宅調剤への取り組みも必要になってきているのです。

薬剤師が鍵となる在宅医療


高齢化時代において、店舗に来られない重症患者や寝たきり患者に対して、薬剤師が調剤・配達・服薬指導などを行う在宅医療が確実に中心となります。医療費の高騰を抑制するために長期療養患者は費用の高い病院から在宅あるいは施設での療養へと切り替えられていくからです。実際に近年、在宅医療は高年齢患者を中心に需要が増えており、調剤併設型のドラッグストアが新たなビジネスチャンスとなっています。単にドラッグストア内の調剤室で処方箋を待っているだけでなく、積極的に自宅や療養施設に出向いて薬の服薬をしていく姿勢が求められます。

大手薬局の動向


スギホールディングスは点滴を必要とする患者への対応として点滴薬の調剤を行うクリーンルームを中期的に100拠点にする計画、有料老人ホームなどの患者に対する調剤に力を入れる動きを見せています。老人ホームは施設ゆえに患者がまとまっているため、高い収益性が見込めるのです。

ほかにもグローウェルHD、クリエイトエスデーHD、メディカル一光は老人ホーム中にデイケアセンターを運営しています。訪問看護ステーションをドラッグストアの中に設置する動きも急です。看護師が常駐し、薬剤師と連携して患者サイドを訪問します。

またココカラファインHDではグループを挙げて在宅調剤、施設調剤の推進を進めていますし、事業会社のセイジョーは老人ホーム、グループホーム、デイケアセンターなどを経営誌、訪問看護ステーション、在宅介護事業所を多数展開することにより高齢化社会という時代に合わせて業績アップを狙っています。

ココカラファインHDは在宅介護を必要とする高齢者やその家族のためにインターネットによって居宅にいながら買い物や医療サービスの相談や注文ができる仕組みの構築を進めています。