看護師辞めたい
Nurse

自分の担当患者を減らすため必要のない採血や検査、点滴を看護師にする医師が許せない

Q

点滴交換や留置針の刺し替えで苦労させられるのは看護師

A
医師の中には、信じられない話かもしれませんが、自分の患者さんが現在、どんな治療をしているのかも把握していない人がいます。 点滴もまだ続けているのか知らず、ずっと、DOでオーダーしたまま。食事も全量とれていて、栄養点滴なんて全く必要がないのに、忘れてずっとオーダーしっぱなし状態。 看護師は勝手に自分の判断で点滴をやめさせることができないので、医師に確認しなければいけない。 確認しようと思っても、大体、そういう医者は病棟に顔を出さない。 点滴を続けているうちに、留置針の刺し替えも必要になってくるし、意味のない点滴なのに、何度も失敗して刺し替えているときは、本当に患者さんにも申し訳ないし、医者に対する憎しみの気持ちしか湧きません。 医者はただ、マウスをクリックしてオーダーしておくだけ、あとは全部、看護師がやらなきゃいけないので、こんな理不尽なことあるかって思います。
Q

何も治療する気がないのに一週間に一回、採血をオーダーする医者

A
内科の医師に多いのですが、経過が安定していても、退院させないことがあります。 自分の担当患者さんを減らすと、その分、また新しい患者さんが担当になってしまって、その患者さんが手が掛かってしまうと嫌なのかわかりませんが、患者さんが退院を希望しないと、ずっとお預かり状態。 何もやらないなら、検査も何もしなければまだいいのですが、一週間に一回、必ず採血のオーダーが。 しかも、他の患者さんとかぶりやすい月曜日。うちの病院では、採血は基本的に、朝一で深夜帯にとらなければいけないので、採血が多いと本当に大変。かなり業務が遅延して、バタバタするし、毎週のようにとっていると、血管がなくなってきて、とるところがなく、何度も失敗して、患者さんには迷惑かけるし、本当につらいです。 何とかかんとか採血取れても、医師はその結果を見ているのか見ていないのか。患者さんにも説明はなく、医師の記録欄にも全く記録がない。 こんな無意味な検査やるくらいなら、退院するか、医師自身がとりにきてくれよって感じです。