看護師辞めたい
Nurse

仕事中は性格が変わりやすい看護師が余裕をなくさないために日頃から心がけるべき3つのこと

Q

看護師や医師、患者にもいろいろいるので相手の気持ちになる

A
家でも仕事でも、社会の中で生きていくうえで、相手の気持ちになって行動したり発言したりすることは非常に大切です。常に相手が自分に何を求めているかを考え、それに応えるようにしていけるといいでしょう。 また、看護師にも患者にもさまざまな人がいます。時には自分には理解できないような考えを持っている人もいるでしょう。それでも相手の考えを受け入れ、自分が良いと思っていることではなく、相手が求めていることを常に提供できるようにしていきたいですね。 <h2 class="midashi">好きでない看護師や医師、患者さんに苦手意識を持たない</h2> 看護師や患者さんの中には苦手だなと思う人がいると思います。また、人ではなくても例えば注射が苦手とか、この処置は苦手だからしたくないと思っているものが少なからずあるのではないでしょうか。失敗を恐れるといつまでも成長出来ません。 なぜ苦手なのかを自分なりに分析し、どうすれば「苦手」を「得意」に変えられるのか、考えて行動に起こしてみましょう。
Q

看護師として常に頭の中で時間配分を考え余裕を持った行動をする

A
仕事量を減らせれば一番なのですが、そういうわけにもいきませんので、どうなると自分に余裕がなくなってイライラしてしまうのかを振り返って考えてみましょう。 朝、出勤した直後から余裕がなくてイライラしているわけではありませんよね?きっと仕事をしている中で自分がイライラしてしまうポイントがあるはずです。 それさえわかればそこを改善していけば仕事は忙しくても心に余裕を持ったまま仕事をすることができます。