看護師辞めたい
Nurse

ただでさえ残業しているのに医師や夜勤やらで更に残業時間が長引き体がもう限界

Q

夜勤看護師が忙しいと手伝わざるを得ない状況になりさらに残業

A
夜勤によっては、相当忙しい状況になるときもあります。特に、夜勤始まりから準夜帯は、食事があったり、検査や手術の迎えの対応があったり、そこに緊急入院や緊急手術、せん妄患者さんなどがいたりすると、少人数ではもう回らなくなります。 日勤とはいえ、残業していて、夜勤が明らかに仕事が大変そうにみえたら、さすがに手伝わないといけない雰囲気になり、渋々、手伝うことになってしまいます。 もちろん、残業はつきますが、それでも、日勤で疲弊しきっているのに、そこから夜勤の手伝いとなると、体が悲鳴をあげます。 翌日も日勤ならば、帰ったらもう寝るだけ状態。助け合いが大事だとはいえ、極力、夜勤の手伝いはしたくない、日勤業務だけやったら帰りたいって切なる願いを心の中で叫んでいることもあります。
Q

医師からの指示受けが次々とあり残業スパイラルにぐったり。

A
日勤の仕事が忙しいと、時間内に記録業務ができなくて、時間外になってからようやく記録業務が始まるようなときもあります。 多いと、1~2時間はかかりますが、最悪なのは、そこから更に仕事が増えてしまう事態があることです。医師は基本的に、夕方まで検査や手術が入っていて、日中は病棟の患者さんのラウンドに回れなかったりします。 そのため、夕方以降で医師が病棟に来て、患者さんの状態を見て、指示を出すことが頻繁にあります。 本来は夜勤帯に出た指示は、夜勤の看護師が指示受けしなければいけませんが、ナースコールの対応だったり、巡視、食事介助などでそれどころではありません。 そうなると、結局残っている日勤看護師が指示受けしなければいけなくなり、記録+で指示受けになり、下手をすると2時間を越えることもあります。残業が残業を呼ぶような、残業スパイラル現象にもうぐったりしてしまいます。