看護師辞めたい
Nurse

精神疾患のある患者さんから妊娠中にお腹を殴られて涙が出ました

Q

妊娠中なのに患者さんからのパンチで本当に怖かった

A
とある日の昼間に盗食癖のある患者さんが盗食をしていたのでスタッフか介入して現場から患者さんを離していました。 しかし患者さんからしてみれば納得がいかず(精神疾患のため理解が困難なのです)、苛立ちを隠しきれない様子で徘徊していました。 いらいらしている患者さんの近くを小柄なおばあちゃんがゆっくり歩いていたため危険回避のためにも近づきおばあちゃんをそこから離そうとしました。 するといらいらしていた患者さんがすかさず私のわき腹をパンチ。その時妊娠七ヶ月。ちょっとずれていたらお腹に直撃。そこそこの力でパンチされたため痛みもあるし、「もしお腹を殴られていたら」と思うと怖くて涙が出てきました。 しかしここの病院は何かあっても「妊婦なのに危険のある患者さんに近づいたお前が悪い」と言うスタンスなので取り合ってはくれないのでしょうけどね。
Q

患者さんからの暴力を受けても看護師が悪いと言われる

A
精神科では精神的にいらいらしたり不安感か強くなると攻撃性が増しスタッフ・患者問わず殴りかかってくるかたがいます。 もちろん好き嫌いで殴っているのではなくベースには精神疾患があるからこそなんです。 私が妊娠中、車椅子に乗って生活している患者さんがいました。この患者さんは上述のように精神的に落着かなくなると攻撃的になる人なのです。 病棟の中でやや狭い道を通っているときに向かいから患者さんが車椅子で通っていたのですがすれ違いざまに腕をつかまれ爪を立てられてしまいました。 車椅子に乗っているとはいえ、男性患者さんなので力も強く、妊娠中だった私はお腹を殴られるんじゃないかとぞっとしました。 こういったことがあると当然上司には報告するのですがここの病院は患者さんから攻撃されたり怪我をさせられても「自分たちの管理が悪い」と言う風に言われ労災は一切取り合ってもらえないそうです。患者さんの暴力もですがこっちのほうがぞっとしますね。