看護師辞めたい
Nurse

自分の勝手な判断で薬飲むのを辞めて症状が悪化し入院する患者は看護師に大迷惑

Q

自業自得で入院してこられても看護師は困るのです

A
できれば主治医にちゃんと相談してから薬を止めてほしいのですが、受診するのが面倒な気持ちもわかります。でもそれをしなかったために入院になり、そんな患者を看護しなければならない私たちの身にもなってほしいです。 本当に具合が悪くて命の危険にさらされる人を看護するならまだしも、自業自得で入院してきた人まで看護するのは、やっぱり気乗りしないものです。 もちろん、関わり方や技術に差をつけるようなことは決してしませんが、親身になって関わってあげようという気持ちはかなり減ると思います。 また薬の自己中断を繰り返して入院していると「また来たよ、あの患者。」と、悪い意味でスタッフみんなに顔を覚えられることになります。 看護師が患者の顔や名前をいつまでも覚えているということは、それだけ印象が強かったということですし、そういう人は大抵悪い印象であることが多いものです。 「嫌な患者」「手がかかった患者」「苦情や要望の多い患者」など嫌なイメージの強い患者は大抵覚えられます。そういう患者にならないように自己管理はしっかりしてもらいたいものです。
Q

自己判断で薬を飲むのをやめる患者さんは看護師から見て本当に迷惑

A
「症状が落ち着いたので薬飲むの止めました。」「もう大丈夫かなと思って通院やめちゃいました。」本当に良く聞く言葉です。 止めてもさほど命に別状のない薬なら大目に見れる時もありますが、血圧の薬など「あなた、それ飲んでるから今生きてるんですよ!」と言いたくなるくらい重要な薬を自分の判断で適当に止めたり、量を減らしたりする患者さんは意外と多いものです。 これ、とっても迷惑なんですよね。それで症状コントロール不良で入院になったりするのですが、こちらから言わせてもらえば「自業自得」なんです。 でも患者さんはそんな気持ちは一切なく「具合が悪くなっちゃって・・・」と突然症状が出現したかのように言ってきます。 いえいえ、あなたが薬飲まなかったからですよ~と言えたらどんなに楽か・・・。まさか直接的には言えませんので、苦笑いしてやり過ごすことになります。