看護師辞めたい
Nurse

新人看護師を教える側も大変。怒るにも怒れないもどかしさを常に感じています

Q

新人だから怒るに怒れないもどかしさ

A
「何でナースコールを取らなかったの?」と聞けばだいたい「私の担当の患者じゃなかったからです。」と悪びれもなく言われます。 新人看護師は確かにそう教えられているわけですから悪びれるはずもありません。また、今の時代、頭ごなしに怒るのは良くないとされていますよね。 「ちょっと気遣ってくれると助かるから、自分の手が空いている時は手伝ってね。」とやさしく声をかけて会話は終了するのですが・・・。 「まったく!!!考えられない!!もう一緒に仕事したくないわ!!!」と後から他のスタッフに怒り散らす人がほとんどです。 直接怒れないこと、新人だからしょうがないこと、根気強く指導していかなくてはならないこと、全部わかっています。わかっていても・・・頭にくるものなんですよね。
Q

新人トラブルは慣れた頃に急に起こる気がします

A
新卒で働き始める時は誰でも緊張するものですが、半年もするとだんだん慣れてきて気持ちも緩みがちになってきます。そういった時はトラブルが起きやすいものです。 「自分は暇なのに忙しいスタッフを手伝ってあげなかった。」「自分の受け持ち患者ではないからといってナースコールを無視した。」「他のスタッフが忙しそうだったので、あまり経験がない処置なのに一人でやろうとした。」などなど。 どれもちょっとした気遣いができればいいだけのこと、またプロとしての自覚が十分にあれば対処できることばかりなのですが、これが新人看護師にはなかなか難しいようです。 自分の仕事が落ち着いていてもペアのスタッフの仕事がいっぱいいっぱいな時、大抵は手伝うことが多いものです。 カルテ入力を手伝ったり、他の患者を引き受けて自分が看ることにしたり、できることはたくさんあります。せめてナースコールだけでも取ってもらえるととても助かるものです。 たとえ何も出来ないスタッフでもナースコールを取って「◯◯さんがこう言ってます。お願いします。」と伝えに来るだけでもいいんです。 中にはお茶をくんできてほしいなどの些細なコールもあったりしますので、とにかく対応してさえくれればいいんです。でも新人看護師はそういうところにまで頭が回りません。 「自分の看る範囲の人たちが落ち着いている。」そこで考えはストップしてしまいます。相手の看護師はどうなのか、何か手伝えることはないのかというところまで考えてほしいのですが、そこまで考えられる新人はあまりいないようです。