看護師辞めたい
Nurse

うつの医師のせいで看護師の給料も減り辞めることを辞めました

Q

患者が減るだけでなく看護師の給料も減り辞めました

A
その間も給料は出ていたので良かったんですが、そのあとのクリニックを再開してからが悲惨でした。診察を再開してから間もなく、そのうつ先生が精神科を抜け出してクリニックに来るようになったのです。クリニック内をうろつくようになり、私たちや患者さんにも意味不明な事を話すようになりました。 そういう状況ですのですぐに患者さんの間で噂は広まったようで患者の来院数は急激に減ってきたのです。ひどい時には午後からの診察には一人も患者が来ないこともありました。 そういう状況なので私たちの休みも増えてきました。休みの状況により給料も減り始めたのです。 診察を再開しても患者は1日に数人と少なく、給料も減り始めたので私はその職場を辞めました。院長も大変そうなのであまり怒りは無いのですが働いた分の給料だけはきちんと払ってほしいです。
Q

医師の性格が問題でクリニックの運営に支障が出る

A
私が働いていたクリニックはとても消極的な悲観的なことをよく言う医師が働いていました。最初はもともと悲観的な性格なんだろうとあまり興味もなくこっちも働いていました。 ですが徐々に精神的な症状が悪化してきたのです。仕事中も、周りで自分の悪口を言うと言い始めたり、窓に向かって独り言を言うようになりました。しまいには仕事中に急に泣き始め、外来が止まることもありました。 そんな先生なのでだんだんとうつによる眠気が強くなり、寝てばかりいるので仕事にはならず、患者も減ってきました。父親が院長のクリニックなので患者が少なくなっても仕事は出来たので、私たちは気にせず働いていました。そのうつの先生もクリニックには顔を出さなくなりました。 一ヶ月くらいしてから急にクリニックにうつの先生が来るようになったのです。ですが、太っていた体もやせ細り、服も取り替えず、お風呂も入っていなかったようで汚い服で異様な異臭でクリニック内をうろつくようになったのです。 院長からは待合室や診察中のクリニック内には入らないように言われていましたがなかなかクリニックから離れず、とうとうクリニックは一週間休業になりました。