看護師辞めたい
Nurse

現場の仕事を忘れた看護部長に毎日イライラしながら働いています

Q

管理職は夜勤のつらさを忘れている

A
もうひとつ、決まった時間に温かい給食を出すとこれまた加算料金が取れるんです。なので、病院全体としてその時間を守ろうと取り組んでいます。しかし、特に夜勤では人手が足りず、介助や付き添いでご飯と食べなくてはいけない人に関しては時間より早めに出さないと手が回らない状況です。 これは何度も上から指摘されて、その都度元に戻っているのですが、同様の理由でいつの間にか早めに給食を出さざるをえない状況になっています。手がまわらないんです、それを理解しようとせずに「加算がなくなっちゃうから守れ」だなんて、酷くないですか? 人手が足りないんです。どれだけ言っても形骸化してしまう項目は、それ自体に問題があると思うのですが、そこには目を向けず現場ばかり急かすのです。ミーティングでこの話題になるとナースステーションが暗くなります。 管理職たちも、夜勤をしてみろ!って思いますね。していたはずなのに、忘れてしまっているんでしょうね。一生理解し合えない気がします。
Q

看護部長などの管理職が現場を分かっていない

A
例えば看護部長とか病棟看護師長とか、絶対過去に普通のナースだったはずなのに、それを忘れている!と思ったことありませんか?現場のことを全く考えずに企画をしたり業務策定をするんです。 私の職場は民間病院なので、上層部はコストカット・利益重視です。とにかく加算をもらおうと必死になっています。それを否定するわけではないのですが、押し付けてあとはよろしくという態度が密かに嫌われています。 現場では多少の困難が生じていることを理解してほしいんです。例えば、十年単位の長期入院の患者さんを年内に一定の人数退院させる実績をつくれば病院側はたくさんの加算料金が取れます。躍起になりますよね、わかります。 でもいきなりリストをつくって「じゃ、この人達なんとか退院させてね」って丸投げですよ。それなりの理由があるから長期入院になっているというのに、ひどい押し付けじゃありませんか?それでいて、「まだかまだか」とつつくんです。プレッシャーなんて感じませんよ、ただ単に腹が立つだけです。