看護師辞めたい
Nurse

患者さんからのクレームや男性看護師ならではのデメリットに心が折れそうになることは数え切れない

Q

女性患者は男性看護師に対する恥ずかしさが強いとケアできないことも

A
女性の患者さんでは特に若年~中年層の方の対応では、清拭や寝衣交換といった肌の露出があるようなケアでは、あらかじめ、他の女性看護師に対応してもらったり、ある程度予測して配慮していますが、やはり、年齢に関わらず、「女性はいつまでの女性」という言葉があるように、高齢の方でも、拒否をされることがよくあります。 特に、自分があまり意識せずに対応しているのも良くなかったかもしれませんが、びっくりされて、もう無理!といった感じのこともあり、かなりショックを受けます。 更にそこから、他の女性看護師に対応してもらうために、看護師同士でも気を遣わなければいけないし、気遣いだらけでストレスも増してしまうし、やっぱり男性にはハードルが高い仕事なのかなと、改めてやっていけるのかなって思ってしまう時は何年経ってもあります。
Q

患者さんからの意見箱のクレームが一発でわかってしまうつらさ

A
現在、働いている病院は、職員が200人程度、うち看護師は100人程のそれほど大きくはない病院なので、男性看護師も自分一人しかいません。 ある時、退院した患者さんからの意見書の内容がクレームで、上司を通して全員に発表されず、自分のところに直接来たのですが、内容が「大部屋に入院していましたが、男性看護師の方が、声もかけずにカーテンを開けて、不快な気持ちになった」というものでした。 確かに、自分の対応が悪く、深く反省をしましたが、それ以上に、「男性看護師」というだけですぐに何かをやらかしたり、嫌な思いをされたら、わかってしまうんだなと思うと、すごくプレッシャーを感じ、ちょっと仕事するときに弱気になってしまう自分がいたし、もっと大きなことを自分に直接言われたらどうしようと、心が折れそうになりました。