看護師辞めたい
Nurse

看護師の夜勤は普段寝ている時間に椅子にも座れずひたすら働くから辞めたいと思って当然

Q

看護師の夜勤はとにかく精神的に辛い

A
夜勤の辛さといえば主に体力的なもの、生活リズムが狂うことがよく聞かれますが、それ以上に夜勤とは精神的に辛いものなのです。まず、何かトラブルが起きたとき、日勤であれば上司が対応しますが、夜勤では上司はいませんので自分で対応しなくてはなりません。 看護師としての経験年数にかかわらず、年齢順で夜勤リーダーが決まりますので、自分が一番年上だった場合、リーダーは自分になります。そうなると、いくら経験が浅いと言っても何かあった時は師長と同じような対応を求められることもあります。 もちろん頻繁にあることではありませんが、リーダーになるといつ大事件が起こるかと気が気じゃないものです。例えリーダーではなくても、さまざまな判断を自分だけで行う場面が夜勤には多く見られます。 そして相談できる機会も少ないです。そのため、失敗してしまったときに患者さんや他のスタッフまで巻き込んでしまうことも多々あり、それを想像するだけで胃が痛くなります。夜勤は責任が重く、精神的なプレッシャーがかかる仕事ですので、夜勤が原因で転職を考える人も少なくありません。
Q

看護師の夜勤はとにかく忙しい

A
夜勤はスタッフの数が少なく、担当する患者さんの数もかなり増えます。そしてたいていの夜勤はとにかく忙しいものです。 まず、ナースコールが頻回に鳴ります。日勤であれば通りすがりの看護師に声をかけたりして自分の知らない間に解決されているといったこともありますが、夜間は誰も廊下を歩いていませんので、要求があれば必ずナースコールが来ます。 そのうえに緊急入院、緊急手術、患者さんの急変などが加わって、食事の時間どころか、椅子に座る時間すら取れないようなハードな勤務になることもしばしばあります。 仮眠も食事も取れず、椅子にも座れない状態で、しかも夜間に仕事をし続けたら、「辞めたい」と思うのも当然かもしれません。 夜勤は普段寝ている時間に起きて働いているわけですから、体力的に疲れます。しかも、たいていの人は夜勤だけでなく日勤もこなしていますので、余計に生活リズムが崩れやすく、体内時計が狂います。 こうなると、風邪を引きやすくなったり、引いた後なかなか治りづらかったり、慢性的な不眠、倦怠感などの症状が現れやすくなります。 この状態で仕事を続けていくのはとても大変ですし、家に帰ってからも家事に育児にとやることが多く、ゆっくり休む暇もないと、体力的に限界が来てしまうかもしれません。