看護師辞めたい
Nurse

職場の人間関係がこじれるのはある程度はしょうがないと思わないと看護師はやってられない気がする

Q

個性の強すぎる看護師はやっぱり多い気が

A
看護師には個性の強い人が多いように見受けられます。特にも年齢が上がればあがるほど個性的で一癖ある看護師が多いです。いつも患者さんを観察し、性格や状態を見抜いているわけですから、そういう能力を同じ職業の人に向けても発揮してしまうわけです。 思ったことを次々とストレートに口に出したり、異常におせっかいだったり、無口&無表情であったり、仕事を次々と他の人に押しつけたり・・・個性が強すぎるとその性格はもうマイナスなものにしか見えなくなります。 年齢の下の人たちは常に回りに気を遣ったり、雰囲気を伺ったりして仕事をしなければならず、かなり窮屈な思いをします。それが仕事中だけでなく、休憩中もですし、夜勤ともなればなおさらです。ゆくゆくは自分もそうならないように注意して先輩方を反面教師にしていけると良いですね。 医師や患者との人間関係もストレスの原因になります。医師はもともと変わった性格の人も多く、上手に人間関係を気づくこと自体難しい職種の方々です。 また、患者さんも入院が長くなればなるほど素の状態でおつきあいしていくことになりますから、人間関係がこじれやすいです。 転勤や異動のある職場であればまだ我慢も出来るでしょうが、そういった環境にいない人は人間関係がこじれてしまったら、解決しようと頑張るよりも転職したほうが賢いかもしれません。
Q

転職、退職理由ナンバーワン「人間関係のこじれ」

A
看護師の職場はそのほとんどが女性です。そのため、人間関係が複雑になりがちです。いろいろな性格の人がいるうえに、職業的にストレスが多いですので、素の表情が表れやすい職場であると言えます。 看護師になる人は気持ちや意識の強い人が多く、また勤務経験が長くなればなるほど我が強くなる傾向にあります。 また、常に最新の専門的知識を必要としますので、自分の知識と経験に自信を持っている人が多いため、人の意見に耳を傾けにくい傾向にあります。患者さんの命を預かる仕事ですので、緊急事態になればなるほど口調も荒く語尾の強いものになっていきます。