看護師辞めたい
Nurse

「はい」と答えるばかりの表情が乏しい新人看護師に指導するのは大変なんですよ

Q

僕はもう勉強しませんというありえない新人看護師

A
精神科にきた看護師二年目の男の子がいました。患者さんとのかかわりもおぼつかない様子でしたが、初めてのことだらけなので周囲も寛容に見ていました。 とあるベテラン看護師が「少しずつ勉強して覚えていってくれたらいいからね」と親切に声かけしてくれたのですがなんと「僕はもう勉強しません。だって疲れるし、学校で勉強してますもん。勉強は学校だけでいいです。嫌ですよ。」と、何のためらいなく言い放つのです。 周囲は唖然とし、その場にいた精神科の部長も表情をくもらせていました。看護学校の勉強なんて、所詮看護師としてスタートラインに立つための最低限の知識でしかないのに。 もしかしたら現場に出たときには看護学校の知識すら「昔の話」であることも考えられるのに。臨床に出てからの努力がいかに大事なのかまったくわかっておらず、聞いてるこちらが恐怖を感じるほどでした。 今彼がどこで働いているかわかりませんが、当時より立派な看護師になっていることを願うばかりです。
Q

表情が乏しい新人看護師さんは教える方もしんどい

A
表情豊かで喜怒哀楽が良く出る人(可愛げのある範囲内でですが)っていますよね。 自分もそんな人に憧れてしまいますが、反対に表情変化が乏しく、何を言っても反応が見られず何を考えているかわからない人もいます。 自分がプリセプターをしていて新人さんに何を指導しても表情変化がないのです。新人なので当然いろんなことがわからず、何を聞いたら自分の問題の解決につながるのかもわからない。 そんな時期もあるんですよね。ただ、せめて表情が困っていたり、しどろもどろであったとしても伝えようと努力してくれたら、こちらも何とか意図をくんであげたいと思うのです。 が、何を考えているのかもわからず。「はい。はい。」と短く返答するのみ。やっと自分の考えを口にしたかと思うと人のせいにしたような言い訳とも取れる内容ばかり。聞くのも疲れますよね。 自分自身を省みるということから伝えなくてはならないのです。