看護師辞めたい
Nurse

難しい看護師と長期患者との関係性。でもプライベートのことは患者に話すべきではない。

Q

看護師を自分の孫のように思ってくれる患者さん

A
患者の経過が長くなり、入院期間も長くなってしまう場合、中には、看護師が患者に対し、ため口になり、患者は看護師に、「これ食べなさい」といっていろんなものをくれるようになったりすることないですか? ある新人は、患者からのもらい物は禁止とされているのに、それを知らず、堂々ともらってきて、ナースステーションの休憩室で「これ○○さんからいただいたのでどうぞ」なんて差し出して、師長からこっぴどく叱られていました。 結構若い看護師ほど、患者との関係が近すぎるようになってしまうと感じています。ため口になってしまうのも若い看護師が多いですね。自分のじいちゃんばあちゃんじゃないんだからと注意される人もいるはず。患者との一線の引き方を理解している先輩看護師を見習ってほしいですね。
Q

患者様、看護師のプライバシーには踏み込まないように

A
長期入院になる患者で、徐々に看護師に対してなれなれしくなってくる人っていませんか?病人だし、治療が必要だから入院しているにも関わらず、談話室なんかに入り浸って、新しい患者を捕まえては、看護師の噂や情報を伝える。 そして時には看護師や医師のあしらい方を新人患者に教える患者さん。いいんですよ。何を話していたって。でも陰で、あまり看護師のプライベートのことをいうのもどうかと思うんです。 後輩の看護師は、患者に聞かれるままに自分の彼のことを話していたら、ある時、その部屋の男性患者全員に彼のことを知られることになったのです。 怖いですよね、患者同士の噂話も。その後輩は、その部屋の患者からセクハラまがりのことを言われるようになったので、師長はその部屋の出入りは禁止にしたのです。そしたら、私たちほかのスタッフにしわ寄せがくるではないですか? これを教訓に、患者さんに聞かれてもあまりプライバシーのことは話さないようにみんな注意しています。始めからプライバシーに踏み込んでこないようにやんわりと断ったりすることって大切ですよね。 私は、看護師と患者は立場が違うのだから、入院期間が長くなっても、ある一線は大切だと思っています。あくまで患者と看護師の関係ですから。