パート・アルバイト薬剤師が注意すべき税金がかかる「年収103万・130万」の壁

パート薬剤師の給料が年103万を超えると税金がかかる


パートとはいえ、会社などで雇われて働き得た収入が一定の額を超えると所得税と住民税払わなければなりません。まず「所得税」に関して。「給与所得控除」の65万円(給料を得るための必要経費として認める、という意味で年収からこれを指しい引いた額に課税する)と「基礎控除」の38万円(最低限の生活を保障するためにこの額以下なら課税しない)をあわせた103万円を超えた額に対して税金がかかります。

いわゆる「103万円の壁」問題です。次に住民税に関して。

住民税の非課税限度額は35万円、給与所得控除は65万円なので、年収が100万円以下なら課税されません。年収が100万円を超えると給与所得税控除65万円と基礎控除35万円の合計100万円を差し引いた額に課税されます。

なお夫の勤務先から「配偶手当」を受け取ってる場合に支給要件に妻の年収が103万以下としているところが多いようです。

パート代が年130万円以上なら150万以上稼がないと損


このほかにも年収が103万円を超えて141万未満で夫の年間所得額が1000万以下の場合には夫の収入にかかる税金の配偶者特別控除が受けられます。

130万円を超えて働くと、社会保険料を支払わなければならなくこともあって、パートの年収が130万円を超えたのならおよそ150万円以上の年収を持たないと、世帯としての収入は減ってしまうのです。

配偶者特別控除によりパートで働く主婦が働く時間を調整するため、税収が減ってしまうことなどから年収130万円を超えると加入できる社会保険ももっと年収が低くても加入できるようになる見込みです。

パート薬剤師が1日6時間働いた場合の月収


パート薬剤師も正社員薬剤師もだいたい時給が2000円~2500円ですので、それに沿って表をつくりました。各時給で1日6時間、週3日、週4日、週5日働いた場合の月給を計算しています。

時給週3週4週5
2000円14.4万19.2万24万
2100円15.1万20.1万25.2万
2200円15.8万21.1万26.4万
2300円16.5万22万27.6万
2400円17.2万23万28.8万


パート薬剤師は月収でこれだけ稼げてしまうので、実際のところ130万以下に抑えるのが逆に難しいくらいです。勤務日数と勤務時間にもよりますがあらかじえ年間の収入を考えて働く事が重要でしょう。