看護師辞めたい
Nurse

新人から見れば面倒見が良すぎ、見て覚えてと突き放す先輩看護師のどちらも接しづらい

Q

見て覚えてと突き放す先輩だと新人は大変

A
逆に質問しても、「今からやるから、見て覚えて。そしてやり方は基準に全部書いてあるから、あとで見て復習して」と突き放すタイプの先輩もいますよね。 いろいろな看護技術をする場面に連れて行ってくれて、見学をさせてくれる、それは新卒にとって良いチャンスなのでうれしいことです。 しかし、実際はあまり言葉での説明はなく、「見て覚えて」というのみ。これって指導なの??と疑問に思うこともありますよね。患者さんの前でなかなか説明をするのは難しいのはわかります。だって患者さんにも不安を与えることになるから。 そしてなかなか経験できないことを見学するチャンスがあるのはありがたい。 でも新卒で何もわからない時に見て覚えることはなかなか難しい。だって一体何をやっているのかすらわからないこともあるから。だから、少しは説明がほしいなあと思うのです。
Q

よく指導をしてくれる、でも話が長い先輩看護師

A
病棟に一人はいる指導好きな先輩。自分は仕事もできる、そしてこれまで様々な場面に出くわしてきたから、大体どんな場面でも対応できるというプライドも高い先輩。 新卒で入った時には、とても頼りになりますよね。自分たちが緊張して何も話せなくても、先輩から心配して話しかけてくれる、そしてわからないことはヒントくれたり、教えてくれる。自分の指導看護師がいたとしても、そのような先輩看護師を頼りにしてしまうことも。 でもそれが時には裏目に出てしまうこともあるのです。頼られた先輩は、後輩から信頼され相談を受けたら、うれしくなりますね。 そしてもっと指導して看護師として伸ばしてあげたいと思うはず。そうすると更に指導熱は上がり、延々と指導が続いてしまうのです。もう帰って勉強したいと思うにも関わらず…。 新卒は話をさえぎることも出来ないでしょう。周りにいる私達だって、「あっ始まってしまった」と思ってその場を立ち去るしかないのです。横目で頑張ってと思いながら。 だから指導を受けるのはいいのですが、そういう先輩を相手にするときは。話しかけるタイミングも大切なんですよね。