看護師辞めたい
Nurse

患者の名前を忘れる初歩的なミスをして自分自身に失望。本気で看護師を辞めたくなった。

Q

患者さんの名前を間違え看護師として失格

A
仕事が忙しくないときであったり、経験年数を積んできたりすると、ついつい気も緩みがちになります。そういったときに限って、初歩的なミスを起こしてしまいます。患者さんの点滴を交換する際に、同性の患者さんで、同じ点滴内容だったのもあり、違う患者さんの点滴を繋いでしまいました。 結果、同じ内容の点滴だったので、良かったですが、それはあくまで結果論。安全確認のための、声だしや患者さんへの確認を怠ってしまった自分の気の緩みが招いた結果。もしも、点滴の内容が違っていて、患者さんの身体に大きな影響を及ぼしていたらと思うと、後悔先に立たずです。 常に緊張感を持って仕事しなければいけないと、自分自身の仕事に対する取り組みに失望しました。もっと厳しい環境に身を置くべきで、辞めたほうがいいのかもしれないと思いました。
Q

患者さんを車椅子移動時に経鼻留置カテーテルを事故抜去

A
看護師は患者さんの生命を預かる仕事で、責任が重い仕事で、ミスが許されない仕事です。しかし、看護師だって人間で、ミスをしないようにしていてもミスをしてしまいます。 足腰が弱っていて、食事がとれない患者さんで、経鼻留置カテーテルから栄養剤を投与している患者さんを車椅子に座らせようと、移乗介助をしようとしたときのことです。 自分は男性看護師で、車椅子移乗は自信があったので、一人で移乗をしたのですが、患者さんの足の筋力が予想以上に弱っていて、バランスを崩されて、支えが不安定になり、倒れそうに。何とか、車椅子には移したのですが、倒れそうになった際に、自分の肘で経鼻カテーテルを引っ張ってしまって事故抜去。 無理して自分でやってしまった罰で、安全なケアをするのであれば、もう一人呼んで対応しなければいけなかった。過信がミスにつながったことで、医師にカテーテルを入れ直してもらい、迷惑をかけたし、何より患者さんに不必要な負担を強いらせてしまって、自己嫌悪に陥りました。 さすがに、この時は自分は看護師をやるべきではないのかと落ち込んで、辞めたくなりました。