看護師辞めたい
Nurse

担当患者さんだけ治療がうまくいかないと自分の看護が悪いんじゃないかと被害妄想してしまう

Q

受け持ちの患者さんから不信感を持たれたり嫌われると出勤がつらい

A
いくら受け持ち患者さんといっても、いろんな人がいます。自分は男性看護師ですが、女性がいいという男の患者さんもよくいます。そういった人だと、第一印象から反応が悪く、仏頂面で対応されます。 明らかに嫌われているとわかっていても、仕事なので、いろいろとコミュニケーションをはからなきゃいけない。ですが、自分も苦手意識が出てきてしまって、対応もぎこちなくなり、終いには怒鳴られてしまうようなことも。 また、信頼関係が構築される前の段階で、例えば、点滴を何度も失敗したり、技術的に不安な部分を見せてしまって、不信感をもたせてしまうのも、後々の対応に響いてくるので、非常につらいです。 出勤したら毎日担当になるのは、良いことばかりでもないので、あまりにうまくいかないと、仕事に行くのも憂鬱になってしまいます。
Q

受け持ち患者さんが、術後の合併症を起こして入院が長引く

A
現在の病院では、固定チームナーシングをとっていて、一人の患者さんに一人の担当看護師が決まっていて、担当看護師が出勤時は必ず担当をするというルールの下やっています。一人の看護師含め、特定の看護師が対応することで、患者さんとの信頼関係も生まれるし、情報共有や対応の統一もはかりやすく、メリットも多いとは思いますが、いろいろ悩みもあります。 よく先輩からプレッシャーをかけるように、「その患者さんの看護の方向性を決めるのは受け持ち看護師なんだから、ちゃんと考えなさい」と言われますが、いろいろ考えてやっていても、うまくいかないときはうまくいきません。 例えば、術後に合併症を併発してしまって、入院が長期化してしまったときは、自分がもっと変化に早く気づけば良かったんじゃないかと自分を責めてしまいます。患者さんの経過が悪くなるのは必ずしも、看護だけではないとはわかってはいるけど、それでも、受け持ちとしての責任が重くのしかかって、つらいときもたくさんあります。