看護師辞めたい
Nurse

言葉足らずでただ頼んで行く先輩看護師が新人や転職してきた人を批判しまくりで耐えられない

Q

言葉足らずを阿吽の呼吸と美化するな

A
別の場面でも「あれとって」「これしといて」と、主語が明確ではないことはよくあります。わかることもあるのですが、年配の看護師がいう「あれ」はわからないことが多いです。そして年配看護師は言うんです。「昔は阿吽の呼吸って言うのがあってね。。。最近はぜんぜんなくなったね」と、遠まわしに「新しく入ってきた人批判」になるのです。 だから煙たがられることを察知してほしいですね。そもそも業務なんだから誰が聞いても同じ行動が取れるように伝えるのも必要なはずですよね。 自分の伝達能力は棚に上げて人が困っていることにフォーカスし非難するなんて、ひどいですよね。そもそも阿吽の呼吸なんて中の良い人同士とか、日ごろから相手の考えや様子にたいして理解があるから察することができるのであって、こちらからしたらできれば関りたくないと思っている相手と阿吽の呼吸なんて夢のまた夢です。 阿吽の呼吸にならないのが相手の責任のように話す年配看護師ですが、こちらの思っていることをお得意の「阿吽の呼吸」で察してみて欲しいですね。
Q

言葉足らずな先輩看護師

A
たとえ8時間とはいえ、看護師として多忙な仕事をしているとしっかり伝達することもなく仕事を頼んだり頼まれたりすることがあります。一番厄介なのが言葉足らずで仕事を依頼してくる先輩。 「これやっといてくれる?」といい、去っていく。こっちからしたら「え?」っといった感じです。そもそも、そんな言い方で人に頼むなんてこと自体が失礼ですし、これの何をどうしたらよいかわからないし、いつまでにどうしたらいいのかわからないのです。 それなのに困っていると先輩は言うのです。「さっき頼んだけど」と。信じられない暴挙ですよね。こんなの人に物を頼む態度でもなんでもないし、何より疎通が十分に図れていないことでミスにつながったらどうするつもりなんでしょうか。 こんな調子だと「頼んだよね?あんたが悪いんでしょう?」ぐらいの返答がきそうで怖いです。