看護師辞めたい
Nurse

手術室看護師の給料事情は夜勤がなくなり年収ダウン。呼び出し待機料はありません。

Q

呼び出し待機料がでない手術室の看護師

A
手術室の給料で不満なことは呼び出し待機料が発生しないことでした。当直ではなく自宅待機で緊急手術の場合は対応するのですが、その時の待機料が発生しません。 お風呂やトイレにまで携帯電話を持っていって常に連絡を待ち、家から出られずお酒も飲めないのにです。平日は勤務が終わった後から次の日の朝までです。 深夜でも呼び出されたら起きて30分以内にタクシーですぐさま病院へ向かい手術が終わるまではもちろん帰れません。忙しい時は1日に3回呼ばれることもありました。どんなに平日の夜中に呼び出しをされても次の日の勤務は変わらず通常通り朝から出勤します。 週末もまるまる待機が付くのに緊急手術が入らなければまったく給料は入りません。多い時は平日に週3回、週末は月に4回の待機がありました。 当直や夜勤業務として手術室看護師が待機する病院が本当にうらやましかったです。看護師の数の違いでしょうか。 眠たい中呼び出されるのは医師も一緒ですし、患者さんのためなので頑張りますが、その時に医師からねぎらいの言葉もなくひたすら当り散らされるとストレス感半端ないです。 強い拘束力があるのにその時間の給料は一切でないのはいつになっても納得がいきません。
Q

給料が激減した手術室の看護師の給料

A
病棟の時は夜勤もしていましたので、年齢からしたら一般職の女性よりはお給料は貰っていたと思います。 私としては「一般の人と違って学生時代めちゃくちゃ勉強したし、今も人の命預かってすごい責任の中仕事しているのだから当たり前の給料だ」と思っていました。 仕事はつらかったけど、給料で頑張れた部分はあります。 しかし、病棟から手術室へ異動になって夜勤がなくなりました。夜勤手当や夜勤の時の時間外分給料って本当に大きいんです。一気に給料が激減しました。 私は5万円くらいは下がったでしょうか。ベテランの先輩は10万近く下がったそうです。放射線業務手当がもらえるとしても、微々たるものです。毎日放射線業務しているのに。 私からしたら手術室こそ命の現場で責任は重たいし、その中で医師からは毎日怒鳴られながらの仕事です。病棟は分単位・手術室は秒単位で働くといわれるほど過酷な場所です。 それなのに給料が一気にさがりモチベーションは落ちる一方でした。もう少し手術の現場に手当を付けてもいいのではないでしょうか。