看護師辞めたい
Nurse

先輩看護師の中でも仕事ができない2,3年目の若手、仕事ができる30代の中堅看護師はやっかい

Q

仕事が出来る中堅の准看護師は面倒

A
先輩看護師で次に面倒なのが、仕事ができる三十代中盤の准看護師です。准看護師さんは仕事が出来ても副師長クラスに上がることはできません。 ですので、主任クラスの人の方が先輩看護師よりも年下で何も文句が言えない職場もあります。そういう先輩看護師は仕事ができるだけ、職場内では主任よりも態度がでかい状態で何もかも自分の思い通りに仕事が出来ると思っているのです。 ですので、人の扱いも雑で仕事が出来ない看護師にはどこでも当り散らすように指導という名の嫌みを言ってくるのです。その嫌みも時々ならいいのですが、毎日になるとストレスも溜まり、職場に行くことすら嫌になって、仕事を辞めたくなるのです。
Q

年齢が若く仕事が出来ない先輩看護師は面倒

A
職場内の先輩との関係でもいい関係が築けているとそれだけで仕事が楽しくなりますよね。ですが、そうもいかないくらいに先輩との人間関係で悩んでいる看護師はいます。 仕事ができる看護師の先輩ならまだいいですが、仕事ができない先輩看護師ほど面倒なことはありません。 仕事ができない若い先輩看護師は仕事ができない分、周りの空気も読めないので、自分が思っても見ないタイミングでの業務の指導をしてきます。 また、その指導内容もわかりづらく、説明内容もお粗末なので、結局他の先輩看護師に再度聞き直さないとならないことも多々あります。そうなると仕事がはかどらないので無駄な手間ばかりかかってしまいます。 また、その先輩看護師が仕事内容をきちんと説明していないにも関わらず、前に教えたのにどうしてできないのかなどと言われることが多々あります。 その先輩看護師は自分では説明したつもりでいるのです。ですが、自分でも仕事内容をきちんと把握していないので、必要な内容をきちんと説明出来ていないのは先輩看護師の方なのです。 それに気づいていないので、ただイライラを当たり散らされるのです。その迷惑な先輩看護師の言動を毎日聞かされるだけで、仕事を辞めたくなり、不満も一層溜まっていきます。