看護師辞めたい
Nurse

重症患者の担当になると正直テンションが下がるのは看護師ならわかりますよね?

Q

看護師が一番楽なのは人のお手伝い

A
看護師は忙しくて大変な職業ですが、それでも楽して稼ぎたい気持ちはいくらでもあります。忙しくても暇でも給料は同じなわけですから、それだったら暇なほうがいいに決まってます。 例え回りの看護師は忙しくても自分は少しは暇でありたいです。そして大変な看護師の仕事をちょっと手伝ってお礼を言われたりして過ごしている時が一番楽で勤務しやすいものです。 <h2 class="midashi">リーダーになれば患者の割り振りを自分ができる</h2> 自分がリーダーになった時には少しだけ楽な患者さんを自分に割り振ったりしています。もちろん、あからさまにやると「楽しやがって」とみんなに思われますから、一人くらいは大変な患者さんを付けて、その人以外を手のかからない患者さんにしておきます。 リーダー業務も大変な仕事ですが、割り振りに関しては特権をもっているわけですので、やる価値ありです。
Q

重症患者は担当したくないと看護師なら思っちゃう

A
自分のその日の担当患者は前日にリーダーが割り振りしておくものですが、時々ものすごく忙しかったり、時間的にかなり厳しかったりする時があります。 朝、出勤して一番最初に見るのが担当患者割り振り表ですから、それを見て今日の一日の自分のテンションが決まるわけです。 寝たきりのおばあちゃんの担当になったり、退院調整であちこちに電話連絡しなくてはいけない患者の担当になったり、ナースコールの多い患者の担当になったり。 そういう一癖ある患者の欄に自分の名前が書いていると、もう朝から「帰りたい」オーラ全開になります。たまには楽な患者だけ担当してのんびりナースステーションに座っている日があってもいいはずです。 忙しい時は午後まで一回も椅子に座ることのないまま歩き回ることもありますので、割り振りというのは非常に重要なわけです。 忙しい勤務が数日続くともう仕事をすること自体嫌になります。特にも自分がバタバタと休みなく仕事をしているのに、隣で「暇だからちょっと眠くなってきちゃった。」などと言ってパソコン画面を眺めている看護師がいようものならイライラしてきます。 なんでもっと平均的な忙しさになるように割り振りできなかったのかとリーダーを恨みます。