看護師辞めたい
Nurse

ストレスが溜まってそうだからといって先輩看護師に飲み会に誘われますがさらにストレスが溜まっています

Q

看護師は連日の夜の飲み会で逆にストレスが溜まっている

A
一緒に働いている先輩と一緒にいることは仲のいい先輩でも気は使いますよね。しかしあまり仲の良くない先輩や上司となるともっと気をつかいます。私は世間的にいうゆとり世代なので上司や先輩との付き合いが苦手です。 その時に「○○さん(私)最近しんどそうだね、よし、飲みに行こう」とい話になったりします。ストレスがたまっているときにさらに先輩といるというストレスをかけられるなんて鬼かと思いました。私だけでなく他のスタッフが疲れているときにも同じようなことになりもちろんその日に同じ勤務だったスタッフみんな道連れです。 無礼講とかお酒の席だからとか言う話はよく出ますが、「飲みの時○○って言ってたよ」という話を他の人の話で聞いたりすると腹を割った相談なんて絶対にできません。飲みニケーションという言葉もあるようで、大事なのももちろんわかっています。 しかし仕事終わりのプライベートな時間に職場の人と人間関係を持たなくてはならないことこそがストレスです。病院の組合行事でも休日の野球観戦やサッカー観戦などイベントがありますが、休日に職場の人と顔を合わせることは職場の活性化でも関係づくりでもなんでもありません。若手にとっては完全に仕事、接待です。そこのところわかってほしいです。
Q

病棟は女の世界で難しい人間関係

A
看護師の職場は女性の世界です。一度気に入ってもらったり仲良くなれたらいいのですが、嫌われると大変です。 特定の人だけ他の人と同じ申し送りをしても激しく罵倒をされたりします。その人が同じ休憩に入っていない時や休みの時は休憩室が陰口場となります。年下だからという理由ではありません。 同じ新人だとしても一人は一緒に先輩と県外研修にいったり休日も出かけたり、そんな人は絶対に悪口を言われません。付き合いが上手なのでしょう。かたや、仕事は同じようにやっているのに悪口やきつい指導をされます。よりどころがありません。 また難しいのは自分よりも経験年数は少ないけど歳が上の先輩や異動してこられた先輩です。その病棟での経験が上なため自分が指導者としてあたるのですが、相手も年上というプライドもあるのだと思います。 こちらが指導をしてもまったく聞く耳をもってもらえません。それでも指導をしないわけにはいかないのに困りました。もう少しペアリングを考えてくれたらいいのですが。やりにくいです。