看護師辞めたい
Nurse

働き始めた新人看護師の大半が「仕事を辞めたい」と感じている?

Q

看護師のストレスは病院経営に確実に影響する

A
11月は4月に入職した看護師が夜勤に入り始める時期ですね。ある病院で残業時間を調査したところ日勤看護師の残業時間は1時間未満で16%、1~2時間で26%、3時間異常で22%という結果。 交代勤務で新人という一時期だけにしても10%以上は過労死ラインに入っている事がわかったのです。 どこの医療機関も看護師不足ですし、医療現場では患者の命を救うために手当のため残業ということも頻繁にあります。 長時間労働で寝不足になり、交感神経が緊張して脈拍が増え血圧が上がり長期的には動脈硬化を起こすことも。 過労死の労働災害認定基準は、月間の残業が平均80時間で死亡した場合。医療界では月100時間残業している医師は3/1も。 看護師も残業の多さは同様ですが、看護師は過労死になる前に転職してしまうことが多いようです。ただ、新人の看護師がすぐに転職すると、病院側は大きな痛手を受けます。一人前の看護師にするまでの教育費用が無駄になるわけです。 そして先輩看護師がどんどん病院を抜けて行くのを見れば若い看護師も抜けようかなと感じてしまいます。しかし1人看護師が抜けたら病院側はまた1人看護師を採用しないと厳しくなります。 1人採用するのに数百万かかるわけですからどんどん辞められたらますます経営が厳しくなるので、今いる看護師がどうやったら働き続けてくれるかを考えた方が良さそうです。
Q

新人看護師は就職後ほとんどの人が辞めたいと感じる

A
看護師は医療現場で勤務します。他の仕事と違い、看護師のミスによって患者が命を落とす場合もあります。ミスの多発⇒モラルの低下⇒メンタルヘルスの悪化によって看護師は今の仕事・職場を辞めたいと感じてしまうわけです。 ある病院の新人看護師を対象にした意識調査では、悲惨な結果が出ています。10%の新人看護師が「すぐに辞めたい」と答え、半年後には辞めたいと答えた人が13%、半年後までに辞めたい人は40%といました。 では新人看護師が辞めたい理由は何かというと、「賃金が安い」「忙しすぎる」といった看護師にはよくある辞めたい理由ですが、注目すべきは「本来の看護ができない」「人間関係が楽しくない」といったところ。 新人看護師が職場に入ってきても仕事に充実感を覚えずストレスばかり感じていたら新人が辞めてしまい、そして4~5年目の中堅の看護師も辞めます。新人看護師の仕事への満足度を上げるためには先輩看護師の満足度が高くないと無理でしょう。 看護師の満足度は個人それぞれで考えるのではなく、組織として解決に取り組む問題なのです。