看護師辞めたい
Nurse

予約制でない外来の看護師は病棟よりも忙しく最後の患者の診察が終わるまで残業

Q

病棟の看護師は意味のない残業に不満がたまる

A
病棟では急な入院などで残業になることはあります。ですが、一番看護師が不満に思う残業はいわゆるサービス残業にもならないような残業です。 その病棟によっては昔からの伝統のような看護師同士の関わりが強い職場があります。関わりが強いと言っても上や昔からの働いている看護師が無理やり引き継いでいってるだけで周りはとても迷惑しているものばかりです。 その一つが一人の看護師の業務が終わるまでは看護師はみんな残って手伝いながら待っていないとならない職場です。 別に自分の仕事が終わったら定時で帰るといいではないですか。ですが、そういう職場はみんな仲良く手伝ってから、みんなで一緒に退出するのが習慣なのです。 ですので、別に手伝う仕事がなくても何と無く手伝うふりをしながらその看護師の仕事が終わるまでは待っていないといけないのです。 その残業の無駄ない時間を毎日過ごしているうちに早くにこの職場から辞めたいとおもう人も多いです。個人病院や昔からのある地域の病院でもこのようなことが多く聞かれます。
Q

予約制のない外来の看護師はほぼ毎日残業がある

A
どこの病院でも残業がある所がほとんどだと思います。ほとんど残業が多い部署が病棟ばかりかと思うとそうではないのです。 以外にも予約制をとっていない外来の方が病棟よりも忙しい職場もあるのです。予約制をとっている外来は決まった人数以上に患者が外来に来ないので救急のお患者が来ない限りはほとんど毎日定時で帰れます。 ですが、予約制をとっていない病院の外来はどれだけ外来に患者が待っていて、待ち時間があったとしても患者はひっきりなしに受付をしに外来に来ます。 診療時間内に受付した患者に関してはいくら残業になろうと最後の患者の診察が終わるまでは仕事は終わらないのです。 忙しい外来では昼休み以外はほとんど休む暇もなく、立ちっぱなしの動きっぱなしでほとんど休む暇も夜の七時や8時まで残業になる外来も少なくはありません。そうなると看護師は仕事への不満が強くなります。