薬剤師が初めての転職活動で書類選考で落ちないために知っておくべき2つのこと

履歴書と職務経歴書の役割を認識


社会人経験を持つ人が求人に応募する際、提出する書類は基本的に2種類で、「履歴書」と「職務経歴書」になります。履歴書は基本的なプロフィールを記すもので、職歴欄にはこれまでに在籍した会社や医療機関の入社、退社の事実のみ記入します。

一方職務経歴書は所属した組織内容、担当した業務内容などを詳細に記載します。自分が挙げた成果、工夫したポイント、身につけたスキルを記し、「どんな職場で具体的にどう活躍してきたか」を採用担当者に具体的にイメージさせることを目的とします。

どんなに良いファーストキャリアだとしても、応募書類の段階で魅力が伝わらなければ面接にたどり着きません。「会って話せばわかってもらえる」と言ったところで、面接の機会さえ得られなければどうしようもありません。

文書の作り方や言葉の使い方には仕事や転職に対する取り組み姿勢、人間性などがでるものですので、採用担当者に会ってみたいと思われるようていねいに作成しましょう。


応募書類の使い回しは厳禁


転職活動を行うにあたり、複数の求人に社に並行して応募するのは悪いことではありません。ただし、応募書類の使い回しは担当者に見抜かれる可能性があるので、注意が必要です。

特に志望動機がどの病院や薬局にも通用するようなありきたりで曖昧な言葉で書くと、そこでかなりポイントが下がります。薬剤師は病院や薬局、ドラッグストアに大きな特徴があるとはいえませんが、少なくとも志望動機が同じになることはありえません。あらかじめ作成しておいた応募書類をベースにするのは効率的で良いですが、きちんと応募先に合わせた内容にしましょう。

採用担当者は応募書類の限られた情報から具体的に人物像をイメージするので、抽象的な表現はかなり評価が下がります。また応募書類は人事部の採用担当者だけでなく採用部門の責任者も目を通します。自分の部下になる人物を選ぶわけですから、どんなことができるのか、どんな姿勢を持っているのかをよりシビアに見ます。相手が知りたがっている状態を想像して書きましょう。