看護師辞めたい
Nurse

セクハラをしたいがために若い看護師が夜勤の時にナースコールを押してくる患者が面倒

Q

気持ちの悪い患者が夜中にナースコールを押してくる

A
患者の中でも正直なところ気持ち悪いと感じてしまうような患者さんもいます。 例えば意味も無いのにただセクハラをしたいがために若い看護師が夜勤の時にナースコールを押してくる患者さんです。 ナースコールを押すのも就寝時間を過ぎてからの時間なので同室の患者さんが寝たのを見計らって押してきます。 セクハラまがいのことや言動を言われることは分かっていてもナースコールが来ると患者さんの病室に行かないわけにもいかないですよね。 ですが、それも夜勤の度に続くとその患者さんの所に行くことも夜勤をすることすら苦痛になり、 仕事を辞めたくなるのです。 上司に苦情を言っても何かはっきりとした嫌がらせをされたわけでもないので話を真剣に聞き入れてくれる所は少なく、我慢をして夜勤をするしか方法はないのです。 しかも他の夜勤の看護師さんの時にはその患者も何もしないので他の看護師さんに話をしてもらえずに自分の日頃の行いのせいにされると仕事にもやる気が起きなくなります。 患者さんに注意をして反対患者とトラブルになるのが病院側としては嫌なのでこういう場合は上司は見て見ぬ振りをする所がほとんどです。
Q

幽霊のいる職場での夜勤で怖い思いをしたので早く辞めたい

A
病院での怪談話は聞いたことがあるかと思います。ですが、それはある特定の病院だけかと思っている人もいるかもしれませんが、看護師として夜勤で働いている人は看護師人生で一度は夜勤中の怖い怪談の経験をしたことがある人はとても多いです。 中には夜勤の度に見る霊に悩まされて仕事に支障が出てしまい、仕事を辞めたくなる人もいます。また、色々な所での夜勤を経験する度に霊感が強くなり、転職する職場でも同じく霊に悩まされる人も少なくはありません。 そうなると職場だけでなく看護師という仕事自体を辞めるか仕事の形態を夜勤から外してもらうことを検討し始める看護師もいます。 霊感が強くなり、看護師を辞める人は多くはなぜかもともと霊感が弱い人の方が多いのです。 体質や性格にもよるのかもしれませんが、雰囲気ががらりと変わるくらいに暗く、悩まされる看護師もいます。