看護師辞めたい
Nurse

看護師の処置にいちいちクレームする患者のせいでストレスが貯まり辞めたくなる

Q

クレーマーの患者がいて看護師が仕事にならない

A
患者によっては色々なことにクレームをつけて一つ一つ気に食わないことがあるとすぐに看護師をナースコールで呼び出してクレームを言い出して来る患者もいます。 そう言う患者はどの看護師にもクレームをつけて来るわけでもなく、大抵は若い看護師に集中してクレームを言ってきます。 ナースコールで呼び出してクレームを言って来る分にはまだ良いのですが、ひどい人では詰所にまで来てクレームを言い続けて来る人もいます。 そうなると他の仕事も手がつけられず、その患者さんが退院するまで繰り返されるクレームに耐えられずに上司に苦情を言うこともあります。 大抵は担当看護師を変えてもらうことが出来ますが、それでも仕事に出勤する度にクレームを言ってきた患者さんと顔を合わせないといけないので、とてもストレスが溜まり、仕事を辞めたくなります。
Q

看護師から見て同じ病室の患者同士の仲が悪いと面倒

A
病棟の病室では最近では多くても4人部屋の所が多くなってきました。ですが、現在でも6人部屋など大部屋がある病棟も数多くあります。 そうなると患者同士の仲が良い病室と仲が悪い病室があります。特に男性の病室で何故か毎回患者が変わるのに患者同士の仲が悪くなる病室があります。 仲が悪くなる原因はそのほとんどが病室内の生活環境の違いからがほとんどです。まだ朝眠いのにカーテンを開けられた、病室内に見舞客が多い患者がいて、毎日うるさい、寒いのに窓を開けられたり、冷房を高くしてくれない、など様々です。 その患者同士の不満が強くなると回診や病室の見回りの度に患者同士の不平不満を訴えられるので、聞く側としても大変でストレスがたまります。 また、昼夜問わずに病室内で言い合いになることもあるので、病室が他に空いている場合は病室を移動できるので良いですが、夜間や病室が空いてない場合はお互いの話を聞いて何とか患者をなだめかせないといけないのでそれだけでも仕事にも支障が出て、大変です。 毎回仕事の度にそう言うことが繰り返されるとストレスで仕事を辞めたくなります。そういう患者同士のトラブルにきちんと師長が対応してくれると良いのですが、苦情を言ってもそういうことを一切してくれない師長がいるとますます看護師のストレスも溜まる一方です。