看護師辞めたい
Nurse

転職で途中入社してきた看護師の方が給料が高いと長年働いてる人は辞めたくなる

Q

他で働いている同期と年収や給料、夜勤手当で大きく差がある

A
同じ看護学校に働いていた同期であっても病院や職場によって給料に大きく差がつくことがあります。 給料も大きく違う所もありますが、大きく差があるのは特にボーナスや夜勤手当です。ボーナスは平均で年で4ヶ月分の所がほとんどですが、中には年3回のボーナスがあり、年平均で6ヶ月分ももらえる所もあります。 また、夜勤手当では一回の夜勤につき大体は1万円前後ですが、多い所では一回の夜勤につき1万5千円以上ももらえる所もあります。 そうなると基本給はさほど変わらないのに年収では100万円以上も差が出ることもあります。経験年数も変わらず同じ様な仕事にも関わらずに職場が違うと言うだけで年収が同期と大きく違うと自分の職場に不満が募り、仕事を辞めたくなります。 また、給料面が充実している所はほとんどが時間外労働もきっちりと手当が出る所が多いです。 そうなると給料も低く、時間外手当も出ずに働いてきた自分がただ働きを長年して、無駄な時間を過ぎてしまったような気持ちにもなってしまいます。
Q

同じ経験年数なのに後から転職してきた人の方が給料が高い

A
看護師は新人で働いている時は他の業種の人に比べると初任給は高いです。ですが、経験年数が6年を過ぎると他業種の方が給料が高くなる傾向にあります。 これは看護師の給料が年数に応じてあまり上がらないからです。もう少し給料をあげたければ転職するのが一番良い方法なのです。 転職をすると経験年数に応じて給料を設定する職場が看護師の働く職場では多いのです。 そうなると、同じ年数の看護師の経験年数であっても一人は同じ所で長年働いてきたにも関わらず、転職で途中入社してきた看護師の方が給料が高くなるケースもあるのです。 そうなると転職をせずに真面目に長年同じ所で働いてきた看護師は真面目に働いてきたことで損をした気持ちになり、仕事を辞めることを考え始める人も多くいます。 また、同じ経験年数で給料が高いのはどうしてか上司に苦情や給料面の配慮を求めてもきちんと見直してくれるところは少ないのが現状です。