看護師辞めたい
Nurse

夜勤ができない看護師は切り捨て?子育てしながら仕事を両立するのには限界がある

Q

家庭と看護師との両立の壁は想像以上に厳しい

A
家庭も看護師としての仕事も両立したいと考えている方は多いと思います。院内保育所を完備している病院も年々増えてきていますし、「働くママナースを応援します」という職場もあります。 しかし、両立するためには自分だけでは解決できない壁があるのが現実でしょう。例えば、子供が突然、熱を出した場合には、シフトを変更してもらう必要があります。 そうすると、当然、その人の仕事が他のスタッフに割り振られることになるのです。「子供がかわいそうだし、帰ってあげて。」と言ってくれるスタッフもいますが、ただでさえ忙しい仕事がさらに忙しくなってしまうことを嫌うスタッフもいるのも確かです。 また、看護師の場合、日曜日、祝日など、世間が休日の時に休みとなることは少ないため、子供との時間を作りにくいことや運動会や文化祭などのイベントも、休みの調節が難しく、全て参加するというのは正直困難です。 看護師と家庭を両立させたいと考えても、実際には仕事に合わせる形となってしまい、両立するには困難が伴うことになります。 そのため、両立させるためには、周囲の環境を整える必要があるのです。保育園の迎えの時間に間に合うように確実に定時で終わる環境で働くことや定時で終わることが無理ならば、保育園にお迎えに行ってもらえる人をお願いするなど環境を変える必要があるのです。 そうした環境が整えなければ、不満などストレスが溜まってしまい、家庭や仕事どころではなくなってしまうかもしれません。壁を壊してくれるいい環境で働けるように職場選びは慎重にしましょう。
Q

夜勤ができない看護師は切り捨てられる職場

A
看護師として働いていく女性は、いつかは結婚して子供を産んで、家庭と仕事を両立したいと考える人も多いと思います。 もちろん、それが可能な職場もあるでしょうが、病院によっては夜勤が出来なければ、常勤として雇ってもらえないところも多いのが現状です。 それどころか、もともと常勤で働いていたにも関わらず、夜勤ができないという理由で常勤からパート勤務に変えられるというのは珍しくない話なのです。 しかし、育児をしながら、夜勤をするというのは正直、無理と言っていいほど厳しいものがあります。 周りに子供を預かってくれるような環境があれば別ですが、自分の子供ですので、自分で大きくなるのを近くで見たいというのが親心でしょう。 なくなく、仕事を犠牲にするママさん看護師は多いのです。看護師は、女性の職場と言っても過言ではありません。 しかしながら、そういった家庭を持ったママさん看護師に対する対応などは不十分だと言えます。看護師の人手不足が問題になるのであれば、まずはその対策を考えていくべきだと思います。 ママさん看護師が快く働ける環境に少しでも早くなってほしいものです。