看護師辞めたい
Nurse

毎日2,3時間月60時間のサービス残業で看護師は疲弊しきっている

Q

残業時間申請がしにくい職場は辞めたくなって当然

A
残業することに対して、超過勤務手当として報酬が支払われるのは労働者としての権利と言ってもよいと考えられますが、実際にしっかり支払われている職場は多くありません。 私が現在働いている職場でも、残業には口うるさいため、申請しようにも定時の1時間前にしか申請ができません。 30分申請したけど、ナースコール対応などの患者対応を行っているうちに1時間以上残業することもあります。しかし、申請した分しか報酬は発生しません。 また、その30分を申請するためにもよほど仕事が残っていない限りは気楽に申請できないのです。まず、先輩スタッフが残業申請をしないことが原因の一つです。 「これぐらいは残業申請しなくていい」といって1時間ぐらい残業する人もいます。そんな人を差し置いて後輩スタッフが残業を申請できるはずもありません。 また、残業申請しようとすると「残業とるのはおかしいんじゃない?」とか「みんなこれぐらいは普通に残っているよ。」と残業申請にうるさいスタッフも中にはいます。 その人が手当を払っているわけでもないのに、価値観を押し付けるのはどうなのでしょう。これからは、「働いた分は給料をもらう」という環境づくりも必要なのでしょう。
Q

絶対定時で終わらない業務なのに残業代がでない

A
私が以前勤めていた病院では、絶対に定時では終わりませんでした。むしろ、定時で終わることがないため、それが当たり前のようなスタッフの意識や職場環境が出来上がっていたのです。 毎日2-3時間の残業は当然(委員会や勉強会も含みます)で、毎日、疲れ切っていました。 しかも、超過勤務手当などは発生しないため、サービス残業は月60時間ほどありました。サービス残業は、身体的にも精神的にもツラく、看護師として働いていくためのモチベーションも保てなくなってしまいます。 そういう職場は、離職率も当然高く、看護師スタッフ数が保てなくなるため、さらに忙しくなるという悪循環にはまっていくのです。自分の時間を大切にしたいのであれば、残業時間なども考慮して職場を選んでいく必要がありそうですね。