転職先が決まった薬剤師が面倒な業務の引き継ぎを完璧にやるべき2つの理由

転職先が決まった薬剤師が円満退職をすべき2つの理由


転職活動中に内定がとれて、上司に退職することを告げたらすべきこと、それは「退職に向けてのスケジュール作成」です。この時1番念頭におくべきなのは「いかに円満退職するか」。

はっきり言って完全な円満退社など存在しません。特に薬剤師の職場はどこも人不足で苦しんでいる状況といえるので、なおさら。仕事ができる人が辞めるとなれば当然良い雰囲気にはならないでしょう。

円満退社は、引き継ぎをきちんとして退職すること」と考えましょう。特に1回目の転職の方は、ここを適当にしがちです。円満退社は、退社する会社に対してだけでなく新しい会社に移って胃いく自分にとってもマナーでありとても重要なことです。その理由は主に2つ。

引き継ぎをきちんと行わずになおざりにして転職すると、前の職場での評判が悪くなるということ。気をつけましょう。

2つ目は辞め際が悪いと前の職場でお世話になった人とのつながりが切れてしまうからです。前の職場の人とのつながりは重要な財産です。転職してからでも久しぶりに情報交換、なんてのもあるでしょう。そのつながりを消してしまうのは愚かなことです。

転職を告げてから実際に退社するまでの期間は、社内規定で決まっていればそれに従うのが前提つぉいて、法的には退職する2週間前に告げれば良いことになっています。しかし現実的には2週間で引き継ぎを完了させることはかなり厳しいので、短くて1ヶ月、できれば余裕をもって2ヶ月程度が良いでしょう。


転職先が決まった薬剤師は入社前にはここぞとばかりにリフレッシュ


転職する際に引き継ぎなどで休暇がとれず、退職してすぐに次の職場に入社してしまう薬剤師さんもいます。しかし転職の前後は肉体的にも精神的にもエネルギーを使うので、新しい仕事に向けてエネルギーを貯める意味でも、リフレッシュ期間を取ると良いでしょう。

もし有給休暇が残っているのであれば遠慮なく退職前に申し出ましょう。引き継ぎが忙しく退職前に休暇をとることが難しい場合は次の会社の出社日を1~2週間遅らせます。

有給休暇の日数が事前にわかっているのであれば次の職場の入社日もそれを踏まえて設定しておくと確実に休めますね。この期間に海外旅行に行ったりもできるので、全て転職前のスケジュールが鍵を握るといえるでしょう。