看護師辞めたい
Nurse

看護師師長の気分次第で業務が変わる職場。解決手段は病棟を変えるか転職

Q

ワンマンの師長に対抗する手段はやはり転職?

A
やはり職場の環境に満足できない場合は、看護師は病棟を変わる、それか転職をするという手段が多いですね。 実際に私の病棟では1年くらいの間に3人も看護師がやめる事態になり、問題になったことがあります。しかもそのやめ方がすごい。一人は明日から新しい所で勤務が始まるので、きょう限りで退職させて下さいと突然申し出たのです。 もう一人は精神的に病んだので、今日は休みたいという理由から始まり、そのまま出勤することはありませんでした。 そしてその事態は看護師だけでは解決できないとされ、病棟のスタッフは総務や人事などと面接するということにもなってしまったのです。私たち看護師は師長の悪口を言うとそれが自然に師長に伝わってしまい、人間関係に亀裂が入り、病棟でもう働くことが出来ないかもという恐怖を持っています。 そのために、なかなかいうことはできなかったのですが、なんと病棟のこうした問題の核心を報告したのは新卒の看護師でした。 新卒はそれほど人間関係が構築されていないし、人間関係がどういうものであるか理解をしていないから、怖いものなしで言えたのかもしれませんね。新人恐るべしと思った瞬間です。
Q

勤務をこなすのもストレスなのに人間関係でさらに

A
師長というと、その病棟の中で一番の権限を持った人。そしてたいていの看護師は、師長のいうことに絶対服従ではないでしょうか?これまでに一緒に働いた看護師で、勇気をもって立ち向かう姿はあまり見たことはありません。 私の病棟にいた師長も特にワンマンで、あまり周りのスタッフに目を向けない師長でした。ワンマンのために、スタッフはあまり信用されていないのかなと思ったほどです。 そしてそのワンマンさゆえに誰も抵抗ができない。そして抵抗できないので、病棟の決められたことは師長の思うままに進んでいくという流れができていたのです。 そして師長は仕事が早い、そして看護師の管理がよくできていると看護部から注目をされていたのです。なんだか現場で一緒に働く看護師はいつも理不尽だなと疑問を持っていましたし、師長だけの看護部の評価があがっていくことに不満がたまっていましたね。