薬剤師の紹介予定派遣のメリット・デメリットはなに?契約終了後は正社員になれる?

薬剤師の紹介予定派遣は派遣薬剤師とどう違う?


薬剤師の派遣には、紹介予定派遣というものがあり、最大6ヶ月の派遣期間をもち、その後企業と薬剤師さんが合意すれば正社員やパートとして直接雇用として採用されます。ただの派遣薬剤師の場合は契約期間をもって契約が修了しますが、紹介予定派遣の場合は契約後に直接雇用される可能性があるんです。



派遣先に直接雇用されることを目的に一定期間派遣スタッフとして就業する働き方のこと。派遣期間終了時に派遣スタッフと派遣先企業の双方が望めば派遣先企業に直接雇用されることになります。

正社員として復職したい場合でも、紹介予定派遣後に正社員になった方が職場の人間関係も把握していますし業務内容、普段の仕事の流れもわかっているので、いきなり知らない職場で働きだすのに比べて楽だと言えるでしょう。

派遣先側からすれば、派遣期間中にそのスタッフのスキルや人格がその職場に適しているかどうかを見極めることができるというメリットがあります。

紹介予定派遣は看護師や薬剤師に限らず様々な職場で増えています。今回はその紹介予定派遣のメリット・デメリットについて解説します。




薬剤師の紹介予定派遣のメリット


薬剤師の紹介予定派遣の主なメリット職のミスマッチをなくすという点です。紹介予定派遣の場合、薬剤師さんは派遣会社から企業に派遣され、薬剤師さんと企業の両方が最大6ヶ月、職場環境や働き方を見ながら直接雇用するかどうかを決める事ができるのです。


これは薬剤師さん側にも、企業側にも大きなメリットがあります。薬剤師さん側からすれば実際に職場で働いてみてから入社を判断できます。忙しさや仕事内容、人間関係など入社してからでないとわからないことはたくさんあるので、実際に働いて確かめることができるわけです。


一方企業からしても、面接だけしたところで薬剤師さんの性格や働きぶりはわからないので、実際に評価してから必要とあれば採用できます。




薬剤師の紹介予定派遣のデメリット


一方、紹介予定派遣はあくまで予定であり、直接雇用されないことももちろんあります。そしてその場合、その職場では基本的にもう働くことは厳しくなります。ですので確実に正社員になれる訳ではないという点に注意が必要です。さらに、正社員になってからは残業もありますし紹介予定派遣の時よりも忙しくなり業務も増える可能性が十分あります。


特に職場での人間関係がうまくいき、仲良い仕事仲間ができたりママ友ができてどうしてもここで働き続けたいと思った場合でも、企業側の都合により正社員になれず契約打ち切りというパターンは最悪ですよね。ですが、紹介予定派遣ではありえることなので覚悟する必要があります。


薬剤師などの専門職となれば、関わる人が限られているだけに職場の人間関係はかなり大事ですよね。女性も多いですし、薬局となれば人数も少ないです。人間関係で過去に失敗した事のある場合は紹介予定派遣で様子見をするのもありかもしれません。



紹介予定派遣後、必ず正社員になれるわけではない


紹介予定派遣の場合、一般の派遣では禁止されている事前面接が認められており、派遣期間は最長6ヶ月と定められています。

派遣としての仕事紹介時に、直接雇用された場合の年収や福利厚生について目安を教えてもらうこともあります。また、直接雇用といっても正社員に限らず契約社員という場合もあるので事前確認をしておきましょう。

派遣期間終了時に、派遣薬剤師と派遣先企業に対して意志確認が行われ、入社後の給与などの諸条件についても確認します。

直接雇用となるかどうかは、派遣薬剤師と派遣先の双方の合意により決まるので、場合によっては派遣先企業が直接雇用を望まず、ここで派遣契約が打ち切られる場合もあります。逆に薬剤師さん自身がその派遣先に入社したくないと思う場合は当然断ることができます。

合意に至り、直接雇用となった場合は派遣期間が使用期間音役割をもっているため、入社後さらに使用期間を設けることは行政が好ましくないとしています。

紹介予定派遣として働くため薬剤師派遣会社のサポートを活用


紹介予定派遣では、通常の就職活動とちがって派遣期間中の仕事ぶりが評価されます。また、入社後条件交渉などは派遣会社が行ってくれる場合もあるので、面接では緊張したり遠慮したりしてうまく自分をアピールできないという薬剤師さんは薬剤師さんは利用を検討すると良いでしょう。特に給与交渉が得意なんて人は少ないと思いますから、派遣会社に協力してもらいましょう。

最後に紹介予定派遣の流れをまとめておくと、

  1. 派遣会社に登録

  2. 仕事紹介

  3. 派遣薬剤師として就業

  4. 双方の意志確認 = 派遣契約終了

  5. 正社員として採用される



という流れになります。