転職の軸がないのに転職活動をする薬剤師に派遣会社のコンサルタントが出すアドバイスとは?

薬剤師派遣会社のキャリアコンサルタントが薬剤師と面談する理由


薬剤師の人材紹介会社は、病院、ドラッグストア、薬局の求人を出す企業と薬剤師の仲介をして転職を成立させることが仕事となります。転職が成功した場合、薬剤師の人材紹介会社は、求人を出している企業から成立した求人の年収に応じた成果報酬を受け取るというビジネスモデルです。

人材紹介会社のキャリアコンサルタントは、単純に求人を出す企業と薬剤師のそれぞれの情報を流してマッチングをしているわけではありません。薬剤師の人材紹介会社にとって、求人を出す企業とはできれば長期的にクライアントになってほしいことは間違いありません。

だとすると、求人のポジションにふさわしい薬剤師をできるだけ絞り込んだ人数で企業に紹介することが満足度アップにつながるのです。

逆に求人を出す企業側は可能性のありそうな広報車の履歴書をかたっぱしから送ってこられると非常ん困ります。なぜなら求人を出している企業が履歴書の確認や面接などで採用の手間がめちゃくちゃかかってしまうからです。

こうしたミスマッチングを避けるためにも薬剤師の人材会社は薬剤師とのインタビューを通じて、求人ポジションにふわしい人を選別していきます。薬剤師派遣会社に登録すると、キャリアコンサルタントが一度会っていろいろ聞きたいと言ってくるのはこのためです。


なんとなく転職しようとするとなんとなく内定を辞退する


薬剤師さんが転職しようとするとき、何かしら理由があるはずです。ただどこの医療機関も薬剤師不足に嘆いており転職活動で内定をとることが難しいというとそうでもないため、内定を取ること自体はそこまで難しくありません。

そこで起きるのが「内定辞退」でこれが薬剤師派遣会社のキャリアコンサルタントを悩ませます。苦労して転職先を開拓して内定までこぎつけたにもかかわらず、ある日突然薬剤師から「内定を辞退します」と連絡してくるそうです。

薬剤師さんに理由を聞くと、具体的なものではなく「なんとなく自分と合いそうにない」「もっと良い病院、薬局がありそう」と内定を受けてからのタイミングとしては考えにくいひど曖昧な理由なのです。

特に軸を決めないまま転職活動をすると内定の会社にこだわりがないため、他でも良いのではないかと安易に感じてしまうのです。転職自体がゴールでないのでなんとなく転職活動をするのは危険です。一方転職活動によって薬剤師さんが今市場でどういう評価を受けれるのか、どういうところに転職できるかがわかるため未来の可能性が広がることも事実でしょう。

もし今の職場に多少不満があったり、例えば病院では難しいけれど調剤薬局ならできると自分が思ったことがあるのであれば転職活動は有意義なものになります。なので、自分の薬剤師としてのキャリア、薬剤師として何をしたいかを考えずに転職活動をすることが問題なのです。


軸が明確でない薬剤師はキャリアコンサルタントにどう助言されるか


薬剤師派遣会社のキャリアコンサルタントは、転職活動の軸が決まらない薬剤師さんと面談をして、何がやりたいのかなどを引き出したり整理してくれます。ただ、いくらコンサルタントが支援をしても軸が明確にならない人がいます。

なぜ軸が固まらないかというと、「今薬剤師として働いている職場での経験が足りない」可能性が考えられます。やりたいこと、できることはうまれながらにして人それぞれ理解できるような性質のものではありません。

薬学部生の時に実習をしたとはいえ、実際に社会人として、薬剤師として様々な経験を積むことでわかってくることもあるはず。しかも新卒で入社した医療機関では薬剤師としてのキャリアが始まったばっかりでまずは慣れることから始まります。

これは若いからといって軸が明確にならないわけではなく、自分が何がしたいのかをきちんと考えてないとうのが主な原因だと述べるキャリアコンサルタントが多いですね。

そういうキャリアコンサルタントは安易に薬剤師派遣会社に登録して転職活動をしようとする薬剤師に対して「現時点ではいったん転職活動をやめてまずは今の職場で目的や身に着けたいスキルを明確にして働いたほうが良い」とアドバイスをするのです。軸が決まっていないのに転職活動をしようとしている薬剤師は考え直したほうが良いかもしれませんね。