派遣薬剤師として働きたいママの心配、契約中に妊娠したらどうなる?

派遣契約中の出産に関する精度と給付


派遣として働くのは子供のいるママ薬剤師が多いのが現状。派遣でそろそろ復職しようと考えているけれど、まだ子供ができたらどうしようと心配するのも無理はありません。派遣は契約途中で解除ができないと聞いたことのある薬剤師さんも多いでしょう。

では派遣契約中に妊娠した場合どうなるのでしょうか。

妊産婦は派遣であっても産前産後救護を取ることが可能です。期間は出産予定日の6週間前、出産後の8週間までです。このうち産後6週間は母体を回復させるために必ず休まなければなりません。

派遣薬剤師と雇用契約を結んでいる派遣元は該当する派遣薬剤師が産前産後休業を申し出れば必ず認めなければならずこれを理由に退職させるなどの不利益な扱いはできません。

ですので派遣薬剤師の方が妊娠・出産を理由に派遣契約を切られる事はありませんのでご安心を。ただ、休業中の賃金は受け取れません。

派遣薬剤師がもらえる出産育児一時金


健康保険の被保険者とその扶養家族は出産時に健康保険から出産育児一時金(家族出産育児一時金)を受け取る事ができます。被保険者でなくなってから6ヶ月以内に出産し、かつ配偶者の健康保険などの他の健康保険からの給付を受けない人も受給対象になります。

1人すでに産んでいるママ薬剤師ならわかると思いますが、出産育児一時金は一児につき35万円で、人材派遣健康保険組合に加入している場合は3万円の上乗せがあります。

原則として申請・受給は出産後ですが、病院の同意が得られれば出産前に申請することも可能。この場合、出産育児一時金と出産費用を相殺し、出産費用が出産育児一時金の額を上回る場合は、その差額を病院へ支払います。出産費用が出産育児一時金の金額を下回った場合は、被保険者がその差額を受け取れます。

出産手当金を受給できる要件


産前産後休業で給与の支払いがない派遣薬剤師は、次の要件を満たしている場合に休業中の生活補助として健康保険から出産手当金が支払われます。支給額は給料の約3分の2。


  • 産前産後休業中に派遣元の健康保険の被保険者である

  • 任意継続保険者を除く



まとめると派遣契約を続けていることが要件です。

派遣薬剤師が育児休業をとれる場合


育児休業とは産後休暇が終わった子供が育児のための休業をとれる精度です。保育園に入れないといった理由で薬剤師さんが職場復帰ができない場合は1歳6ヶ月まで休業尾を延長することができます。育児休業では男性でも女性でもとることができます。

期間を決めて働く派遣労働者の場合、①育児休業を派遣元に申し出た時点でその派遣元で1年以上雇用されている、②子供が1歳を超えても雇用が継続される事が見込まれる。ただし2歳になるまでに派遣契約が終了することがわかってる場合を除く

という2つの条件を満たしていれば育児休暇がとれます。

なお、育児休業中に休暇を払うかどうかは派遣元が就業規則で決めるので注意が必要です。


派遣薬剤師が受け取れる育児休業給付


育児休業中の派遣薬剤師さんは、雇用保険から育児休業給付を受け取れます。育児休業給付には休業期間中に原則として賃金の30%相当が受け取れる、育児休業基本給付金、職場復帰後6ヶ月経過した時点で賃金の20%が受けられる育児休業者職場復帰給付金があります。

育児休業の対象にならない派遣薬剤師さんでも取得できる育児支援の制度がいくつかあります。例えば、1歳未満の子供がいる派遣薬剤師は1日1時間まで育児のための時間を請求する事ができますし、小学校入学前の子をもつ労働者は子供のけがや病気のために1年間に5日まで休暇をとる事ができます。